ユリウス・ヴェルハウゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Julius Wellhausen
ユリウス・ヴェルハウゼン
生誕 1844年5月17日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国ハーメルン
死没 1918年1月7日(満73歳没)
ドイツの旗 ドイツ帝国ゲッティンゲン
出身校 ゲッティンゲン大学
職業 神学者聖書学
東洋学者
言語学者
業績 モーセ五書の批判的研究
流派 聖書批評学-文書仮説
宗教 キリスト教
宗派 プロテスタント
テンプレートを表示

ユリウス・ヴェルハウゼン(Julius Wellhausen、1844年5月17日 - 1918年1月7日)は、ドイツ神学聖書学東洋学言語学学者。トーラー(モーセ五書)の批判的研究(文書仮説)で著名。

経歴[編集]

ヴェストファーレンヴェーザー川ほとりのハーメルン出身。ゲッティンゲン大学神学を修めた。1872年グライフスヴァルトの大学において神学の教授となる。1882年に辞職して、ハレの大学で文献学部で東洋言語学の員外教授(professor extraordinarius)に就任。1885年マールブルクで正教授(professor ordinarius)になる。1892年ゲッティンゲンに転勤となり、そこで生涯を終えた。

学説[編集]

ヴェルハウゼンは、旧約聖書史やトーラー(モーセ五書)とヨシュア記の構成に関する批判的研究、とりわけトーラーの起源についての論考で著名であった。彼は、トーラーの著述者がより後世であったはずのイスラエル王国について記していると述べている。これにより彼は、トーラーの起源が従来伝えられていたよりも後代のものであると解釈したのである。また、モーセ五書(トーラー)のモーセ記者説否定の根拠として、モーセの時代には文字が無かったとも主張したが、これは他の学者たちの研究によって否定されている。

また、アラビア語唯一神を示す「アッラーフ(الله)」の語源については、「神」を意味する普通名詞の「イラーフ(إله ilāh)に定冠詞「アル(ال al)」を付けた「アル・イラーフ(الإله)」が短縮されたものである、という説を唱えた。この説はムスリムイスラーム教徒)に受けがよく、今日しばしば見聞きする解釈である。

参考文献[編集]