編集史研究

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

編集史研究(へんしゅうしけんきゅう、:Redactiongeschichte, :Redaction crticism)は、聖書批評学の一つの方法である。単なる伝承の収集者であった聖書記者を、編集者としてみて、その役割を積極的に評価するのが編集史研究である。編集史批評とも呼ばれる。

1940年代から1950年代までに、ギュンター・ボルンカムハンス・コンツェルマンが、マタイの福音書ルカの福音書の著者がマルコの福音書を用いてどのように、自らの神学を表現したかということを論じた[1]

脚注[編集]

  1. ^ 内田(1991年),p.750

参考文献[編集]

  • 内田和彦「聖書批評学(新約)」『新聖書辞典』いのちのことば社、1991年
  • ウィリアム・E・ホーダーン『現代キリスト教神学入門』日本基督教団出版局、1969年
  • ハーヴィ・M・コーン著、松田一男訳『現代世界神学』聖恵授産所出版局、1985年