ハーヴィ・コックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハーヴィ・ガラガー・コックス・ジュニア(Harvey Gallagher Cox, Jr.、1929年5月19日 - )は、アメリカ合衆国プロテスタント神学者で、ハーバード大学神学部の教授。

経歴[編集]

ペンシルベニア州マルヴァーンに生まれる。1951年ペンシルベニア大学歴史学の名誉学士号、1955年イェール大学で神学修士号、1963年ハーバード大学で歴史学と神学の博士号を取得した。

1957年米国バプテスト連盟の牧師となる。同時にマサチューセッツ州ニュートンアンドヴァー・ニュートン神学校で教鞭を執り始めた。

宗教社会学者としても知られ、日本の新興宗教立正佼成会創価学会を研究、池田大作と対談した。

主な著書[編集]

  • 世俗都市―神学的展望における世俗都市と都市化(塩月賢太郎訳 新教出版社 1967年)
  • 世俗化時代の人間(船本弘毅訳 新教出版社 1969年)
  • 神の革命と人間の責任(大隅啓三訳 新教出版社 1970年)
  • 民衆宗教の時代―キリスト教神学の今日的展開(野村耕三、武邦保訳 新教出版社 1978年)
  • 二十一世紀の平和と宗教を語る(潮書房 2008年)

参考文献[編集]

  • W・E・ホーダーン著『現代キリスト教神学入門』日本基督教団出版局、1969年
  • ハーヴィー・M・コーン著、松田一男訳『現代世界神学』聖恵授産所出版部、1985年


執筆の途中です この項目「ハーヴィ・コックス」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。