オスカー・クルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オスカー・クルマン(Oscar Cullmann, 1902年 - 1999年)は、ルター派スイスの新約聖書学者であり、初代キリスト教史学者である。「救済史」と呼ばれる神学で有名になった。エキュメニカル運動で、ルター派とローマ・カトリック教会の対話を確立するための重要な責任をになったことでも知られている。

1902年にストラスブールに生まれた。ストラスブール大学パリ大学で学び、1930年にストラスブール大学の教授になる。1938年にバーゼル大学の教会史と新約学の教授になる。

1945年以降は、パリ大学プロテスタント神学部教授と兼任した。聖書神学の領域で活躍し、ルドルフ・ブルトマンを中心とする新約聖書の実存論的な解釈に反対し、キリストの救済史を強調した救済史学派を形成した。

また、バーゼル大学の同僚であった、カール・バルトに反対して幼児洗礼擁護論争も引き起こしたことで有名。

フランス語共同訳 (La TOB) のプロテスタント代表の学者として、カトリック側の学者ピエール・ブノワと共に、新約聖書の監修になった[1]

脚注[編集]

  1. ^ 田川建三(1997年)「第四章 新約聖書の翻訳」『書物としての新約聖書』勁草書房、p.538

日本語訳著書[編集]

参考文献[編集]