ヴィルヘルム・ハイトミュラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィルヘルム・ハイトミュラー(Wilhelm Heitmüller, 1869年8月3日 - 1926年1月29日)は、ドイツプロテスタント神学者である。ウィルヘルム・ブセットと共に宗教史学派の中で著名な学者である。

デーテベルク(現ニーダーザクセン州ゼールツェの一部)に生まれ、神学教育を終えた後で、ロッカムの聖職者の神学校で勉強した。

1902年に教授の資格を得て、1908年にマールブルク大学で新約聖書学の教授に就任。後に、1920年にボン大学の教授を経て、1924年にテュービンゲン大学の教授になった。

参考文献[編集]

  • ローマン・ハイリゲンタール著、新免貢訳『イエスの実像を求めて-現代のイエス探求』教文館、1997年