マルティン・ディベリウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハイデルベルクにあるディベリウスの墓所

マルティン・ディベリウス(Martin Dibelius, 1883年9月14日 - 1947年11月11日)は、ドイツ神学者新約聖書批評学の先駆者である。マルチン・ディベリュースとも表記される[1]

ドレスデンに生まれ、ルドルフ・ブルトマンと共にヘルマン・グンケルの下で新約聖書学を学ぶ。

多くの大学で学んだのちに、ハイデルベルク大学で新約聖書釈義の教授に就任する。1919年に「福音書の様式史的研究」(Die Formgeschichte des Evangelium) を著し、ここから様式史的批評という言葉が生まれた。ブルトマンが1921年に「共観福音書伝承の歴史」を著して、ディベリウスよりも広い影響を持つようになり、様式史研究という分野が発展した[1]ハイデルベルクにて没した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b コーン (1985) p.46

参考文献[編集]

  • ロナルド・E・クレメンツ著、村岡崇光訳『近代旧約聖書研究史-ヴェルハウゼンから現代まで』教文館、1978年
  • ハーヴィ・M・コーン著、松田一男訳『現代世界神学 -信徒のための案内書-』聖恵授産出版部、1985年