私講師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

私講師(しこうし、ドイツ語: Privatdozent)とは、ドイツ高等教育機関 (Hochschule) において、教授職にはついていないが、教授資格をもちつつ(habilitiert(これは、教授資格論文 (Habilitationsschrift) を書き、審査に合格したということである))教育活動を行う者をいう。教授職への一階梯と考えられている。「Priv.-Doz.」などと略され、称号としても用いられる。大学から講義する権利だけを与えられた職であり、講義を選んで聴講する学生から講義代をもらうシステムのため、人気がなければ無収入となる[1]。現在 の博士研究員(ポスドク)の起源と言われるのため、人気がなければ無収入となる[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本地質学の軌跡3 原田豊吉:帝国大学理科大学と農商務省地質局の星鈴木理、GSJ 地質ニュース Vol.4 No.2(2015年2月)