組織神学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

組織神学(そしきしんがく、英語: Systematic Theology)はキリスト教神学の科目(聖書学歴史神学、組織神学、弁証学実践神学)の一つであり、聖書を絶対的基準として、教会の歴史的遺産である信条などを参考にして、聖書において啓示されている真理を体系的に提示し、教会形成と伝道の働きに用いることを目的とする学問である。主に、英米系の神学者によって用いられる名称である。序論、神論人間論キリスト論聖霊論救済論教会論終末論によって構成される。

主な組織神学の神学者[編集]

参考文献[編集]

  • 牧田吉和『組織神学』「新キリスト教辞典」いのちのことば社、1991年
  • 松田一男「教義学」『新キリスト教辞典』いのちのことば社、1991年、293-294ページ