アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ

アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ: Pasta aglio, olio e peperoncino)は料理でイタリア料理のひとつ。日本ではペペロンチーノの名で広く知られている。

料理の概要[編集]

イタリア語で、アーリオはニンニクを、オリオは油(特にオリーブ・オイル)を、ペペロンチーノはトウガラシを意味する。これら3つの素材をソースに用いたパスタ料理を指す。

パスタとしてスパゲッティを選んだものがスパゲッティ・アーリオ・オリオ・ペペロンチーノである。

材料と作業工程の少ないシンプルな料理なので素材の質と料理人の技量が味に直結する料理でもある。

イタリアの家庭で頻繁に食べられるがイタリアのレストランなどのメニューに並ぶ事はあまりない。

わずかな食材しかない"絶望的な"状況でも作ることができるので「絶望のパスタ」などとユーモアを込めて呼ばれることもごく稀にある[1]

典型となる材料の例[編集]

スパゲッティなどのロングパスタ、ニンニク、オリーブオイル、トウガラシのみ。他に、パスタを茹でた湯と塩を適量。後は好みによってイタリアンパセリなどハーブ類、胡椒アンチョビを加える程度だが、パンチェッタベーコンを加えたり、ブイヨンなどで味をしっかりとつけて出す店もある。

一般的にスパゲッティ(1.9mm前後)よりも細目の、スパゲッティーニ(1.6mm前後)やフェデリーニ(1.4mm前後)が使われることが多い。

基本的な作り方[編集]

ガラスの瓶詰め容器に保存などしたりする

ニンニクを切るか潰して芯芽を取り除く。トウガラシ(鷹の爪)も切るかちぎって中の種子を取り除く。

冷たいフライパンに、ニンニク、トウガラシ、オリーブオイルを入れる。フライパンを傾け、弱火でじっくりと熱して香りと辛みをオイルに移しパスタの茹で汁を適量加える。

パスタはたっぷりの湯に1%の塩分を加えて茹でる。アルデンテに茹で上げたら、フライパンのオイルソースと絡める。絡める直前にオイルソースをよくかき混ぜ、オリーブオイルと茹で汁をよくなじませておくとよい。

脚注・出典[編集]

  1. ^ ただ本当の「絶望のパスタ」は、アーリオ・オリオ・ペペロンチーノとは別物だ、とする説もある。

関連書籍[編集]

  • 一流シェフが手ほどきする パスタ&ピッツァ 世界文化社 ISBN 4-418-97101-7
アーリオ・オリオ・ペペロンチーノのレシピが9人のシェフによって9通り紹介されている。
イタリア料理店のオーナーシェフが、アーリオ・オリオ・ペペロンチーノについて語ったエッセー集。レシピも幾つか紹介されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]