けん玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
けん玉(伝統的玩具)
けん玉で遊ぶ人を描いた油絵。19世紀。

けん玉(けんだま)は、十字状の「けん(剣)」と穴の空いた「玉」で構成される玩具日本をはじめ、世界各国で遊ばれている。なお表記には剣玉拳玉剣球などがあるが、21世紀初頭では「けん玉」が一般的。

歴史[編集]

ワイングラスと毛糸球、シカと木製の玉など2つのものをまたはで結び、一方を引き上げまたは振り、もう一方に乗せる・穴を突起物にはめるような玩具は昔から世界中に存在する[1]。例えば日本のアイヌ民族のウコ・カリ・カチュ、アメリカ五大湖周辺のインディアンに伝わっているジャグジェラ、エスキモーに伝わるアジャクゥァクなどである。その中でフランスビルボケ: bilboquet)は16世紀頃から子どものみならず貴族や上流階級の人々にも広く浸透し、国王アンリ3世も愛好したという記録も残っている[2]。このようなことから、ビルボケがけん玉のルーツというのが一般的な説である。ビルボケやメキシコバレロ西: balero)などは現在も販売されている。イギリスでは、カップ&ボール(: cup-and-ball)と呼ばれるけん玉に似ている物がある。[3]

日本に紹介されたのは江戸時代といわれ、1830年に喜多村信節が著した『喜遊笑覧(きゆうしょうらん)』に「安永六七年の頃拳玉と云もの出來たり」とあるのが知られており、当初は酒席の遊びであったと考えられる。ただしこの資料にはけん玉の図はなく文章で紹介されているだけだった。しかし、それよりも前の資料である1809年の『拳会角力図会』に「すくいたまけん」としてけん玉が図つきで紹介されていることが1981年に判明した[4]

明治時代になり、文部省(現在の文部科学省)発行の児童教育解説『童女筌』(どうじょせん、1876年)にて「盃及び玉」として紹介されてから子どもの遊びへと変化していった。やがて大正時代に入り、広島県呉市にて[5]、従来のけん先と皿1つで構成されたけんにをヒントにした皿胴を組み合わせた「日月ボール」(または「明治ボール」)が発売され、現在のけん玉の形がほぼ完成した[6]。日月ボールは1919年5月14日実用新案として登録された[7]

日本でのけん玉の大流行は1907年1924年1933年とされている[8]。また、1977年は「けん玉ルネッサンス」といわれる爆発的な大流行となった[9]。この流行には、皿胴に糸を出す穴を開けるなど合理的な設計がされた競技用けん玉が普及したことが影響している。

競技用けん玉の普及のほか、競技会の開催や級・段位認定制度、持ち方や構え方などのルールの統一といったことがけん玉の普及・発展に寄与した。しかし、そのことが原因で全国のけん玉の遊び方が画一化し、各地の伝統的な遊び方が失われてしまったのではないかという指摘もある[10]

21世紀初頭では、前述の「競技用けん玉」が一般的となったが、民芸品や単純な玩具としてのけん玉も各地に存在する。また、1945年まで日本が統治していた台湾でも、日月球(リーユエチュウ)や劍球(ジエンチュウ)と称してけん玉が遊ばれている。

2010年頃、米国の若者が日本から持ち帰ったけん玉をヒップホップ系の音楽に合わせて様々な技を披露する様子を動画サイトに投稿、これがきっかけでKENDAMAが新たなストリートパフォーマンスとして認知されるようになり、海外で急速に認知されるようになった[11]

日本けん玉協会[編集]

公益社団法人である日本けん玉協会が技の定義・整理、級位・段位の認定、各種大会の主催、その他各種行事の開催など、けん玉の普及活動を行っている。尚、協会が行っていた認定けん玉販売部門は、現在一般社団法人国際けん玉サポートセンターに移転している。 協会主催の主要な大会は以下の通り。

  • 日本けん玉協会杯(JKA杯)争奪戦(通称JKAカップ)
  • 全日本けん玉道選手権大会
  • 全日本少年少女けん玉道選手権大会(文部科学大臣杯)
  • 全日本クラス別けん玉道選手権大会
  • 全日本けん玉道パフォーマンス大会
  • 全日本けん玉道もしかめ選手権大会
  • 全日本マスターズけん玉道選手権大会(2008年より)

各部の名称[編集]

けん玉各部の名称

右図を参照のこと。「けんの根元」は便宜上の名称。なお中皿とは3つの皿のうち「真ん中の位置にある皿」という意味で、大きさは一般的に大皿>小皿>中皿となっている。中皿という名は、かつては「えんとつ」といわれていたものが1977年に愛好家によって中皿と決定されたという説[12]と、大皿と小皿ができたときに中皿と名がついたという説[13]がある。

けん玉の技[編集]

グリップ[編集]

技を始める前のけん玉の持ち方。以下は主要なもの。

皿グリップ(大皿グリップ)
親指人差し指でけんの根元をつまみ、残りの指を小皿に添え、けん先を下に向ける。残りの指を大皿に添えると小皿グリップとなる。
けんグリップ
けん先を上、大皿を手前に向けて皿胴の下のけんを持つ。薬指小指は添えない場合も多い。
玉グリップ
玉を持つグリップ。穴を真上にする場合が多い。
ろうそくグリップ
中皿を上にしてけん先を持つ。
つるしグリップ
糸の中程を指で支えてけん玉をぶら下げる。技によって玉をけんにさすかささないか、人差し指に引っ掛けるか親指と人差し指でつまむかは異なる。いずれの場合も糸を余らせて持ってはならない。
極意グリップ
けんを横にし、親指で小皿を、残りの指で大皿を持つ。
おしゃもじグリップ
すべり止めから中皿のふちあたりを軽く握る。

構え[編集]

以下は主要なもの。

まっすぐ
玉やけんなどを真下に垂らした状態、または玉をけん(けんを玉)に乗せて正面で構えた状態。
ななめ
玉やけんなどを反対の手で持って体側に引き寄せ、地面に対し角度がついた状態。

技の分類[編集]

けん玉の技は300種類とも5万種類ともいわれているが、以下のような理由で正確な数を把握するのは不可能に近い。

  • 同じような技でもグリップや動作の違いで別の技と呼びうるため。例えば玉を大皿に乗せる技でも、けんグリップやつるしグリップなどから始める、玉を振る方向を前・横・けんと体の間などに変える、などすれば厳密には違う技となる。
  • それぞれの技は以下のように柔軟にアレンジを加えうるため。
    • 動作の一部を他の動作に置き換える(例:「村一周」で玉を引き上げるべきところ手で玉を大皿に乗せる)。
    • 動作を省く、または新たな動作を加える(例:「うぐいす〜けん」)。
    • 複数の技を連続して行う(例:「つるし一回転飛行機〜はねけん」)。「持ちかえわざ」というつなぎのための技すら存在する。
  • 新しい技が今なお創作され続けているため。新しいグリップ・構え・動作、手以外の体の部分の使用、頭上・背後・股下などの空間の利用、あるいは複数のけんや玉の使用など、今後も新しいアイディアが生まれる可能性を秘めている。

以下の技の分類は日本けん玉協会が2000年に定めた「けん玉の技百選」による。

皿系
玉を皿に乗せる技。
もしかめ系
所定の動作(主に皿に乗せる)を繰り返し、持続時間を競う技。
とめけん系
玉を垂直に引き上げ、けん先で受ける技。
飛行機系
けんを玉の穴で受ける技。
ふりけん系
玉を回転させ、けん先で受ける技。
一周系
玉をけんの大皿・小皿・中皿・けん先側の皿胴などの場所に乗せる、またはけん先で受ける動作を連続して行う技。
灯台系
けんを中皿を下にして玉の上に一定時間立てる技。またはある技が決まった状態からけん玉を放り投げて玉を取り、けんを玉の穴で受ける技。
すべり系
けんに乗せた玉をけんから離さずに別の場所に移動させる技。
まわし系
玉を空中で回転させけん先で受ける、またはけんを空中で回転させ玉の穴で受ける技。
うぐいす系
玉を、穴がけん先側またはけんじり側の大皿(小皿)のふちに接した状態でけんに一定時間乗せる技。
極意系
玉を、けんの上の不安定な場所に一定時間乗せる技。名前の由来は日月ボールの頃に最も難しい技とされていたことから。
静止系
けんを、不安定な形で玉の上に一定時間乗せる技。
空中系
けん玉を糸が張った状態で投げ上げて回転させ、玉を取ってけんを穴で受ける、またはけんを取って玉をけん先で受ける技。
あやとり系
けんを糸で作った輪に引っ掛ける技。
特殊系
上記の分類に含まれない技。

デジケン[編集]

バンダイ1997年4月に発売し人気を博した現代版ヨーヨー、ハイパーヨーヨーの流行を追って、タカラ(現在のタカラトミー)が1998年7月25日博品館での先行販売は6月26日)に発売した電子けん玉。単四電池2本を使用し、技を成功させたり失敗したりする毎に音と光で反応を示す。玉が軽過ぎて受け皿に座らず反発してしまう為、9月には補助部品として受け皿の円周を拡大する輪も発売された。子供の玩具としては大きく重過ぎた為、後に小型版のデジケンミニが発売された。半透明の様々な本体色が存在する。

  1. 音と光で遊ぶ「ノーマルモード」
  2. 音楽に合わせて玉を動かす「リズムモード」
  3. 玉を乗せる場所が指示される「コンビネーションモード」

という3通りの遊び方ができる。

2008年1月24日にはタカラトミーからヤッターマン デジケンミニという商品の発売が予定されていた。

1998年8月に公開された玩具会社が舞台のミュージカル『big 〜夢はかなう〜』の日本版にも登場した。『big ~夢はかなう~』の主催がフジサンケイグループである関係からか、関連会社である扶桑社の雑誌SPA!の連載『渡辺浩弐のバーチァリアン日記』でもデジケンが取り上げられた。

TOKYO FM『三井ゆりのモーニングブリーズ』内のコーナー「おはようタカラジェンヌ」でも『big 〜夢はかなう〜』の出演者と共に紹介された。

紹介サイト[編集]

ケンダマジック[編集]

2008年1月14日から放送が始まった『平成20年度版ヤッターマン』の主人公の使うケンダマジックというけん玉を模した武器の玩具がタカラトミーから2008年4月下旬に発売された。

DXケンダマジック(2940円)は劇中のケンダマジックをそのまま模したデザインで、受け皿の向きの変更と大きさの違う受け皿に交換する事が可能になっている。ケンダマジックNEO(1890円)は劇中のケンダマジックとは全く違うデザインでDXケンダマジックよりも小型な他、スピンホルダーという指掛け穴、個性を出す為のカスタムシール、交換可能な受け皿であるカスタムプレート等、より競技性と改造性を高めている。本体色は4種類。

出典[編集]

  1. ^ 『けん玉たのしいな』70頁。
  2. ^ 『けん玉』30頁。
  3. ^ Hellmund GMS. 2001: Jocus, juegos, game, jogo, jeu, giocco, spiel. Papelera Tolasana S.A. Buenos Aires. 34p
  4. ^ 『けん玉たのしいな』71頁。
  5. ^ けん玉”. 一般社団法人はつかいち観光協会. 2013年4月19日閲覧。
  6. ^ 『けん玉スポーツ教室』144頁。
  7. ^ けん玉(日月ボール)パンフレット”. 廿日市市木材利用センター運営協議会. 2013年4月19日閲覧。
  8. ^ 『けん玉スポーツ教室』146頁。
  9. ^ 『けん玉たのしいな』73頁。
  10. ^ 『けん玉たのしいな』68頁。
  11. ^ アメリカのストリートから逆輸入された「KENDAMA」が俺の知ってるけん玉となんか違う - 2013年11月27日 ITMedia
  12. ^ 『けん玉たのしいな』6頁。
  13. ^ 『けん玉スポーツ教室』12頁。

参考文献[編集]

  • 『けん玉スポーツ教室 入門からチャンピオンコースまで』(藤原一生、金の星社1980年
  • 『けん玉たのしいな』(新間英雄、一声社、1991年
  • 『あそびとスポーツのひみつ101-10 けん玉 けん玉道の奥義101』(高橋真理子、ポプラ社、1998年
  • 『あそびとスポーツのひみつ101-12 けん玉の技百選』(日本けん玉協会、ポプラ社2000年
  • 『けん玉』(監修:NPO法人日本けん玉協会、文:丸石照機・鈴木一郎・千葉雄司、文溪堂2003年

関連図書[編集]

  • 『超カンタン けん玉教室』(日本けん玉協会監修、金の星社2014年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]