真の一体改革を実現する一期生の会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
真の一体改革を実現する一期生の会
Fukuda eriko.jpg
略称 真実の会
設立年 2012年(平成24年)7月6日
設立者 福田衣里子
種類 民主党グループ
メンバー 民主党所属国会議員
重要人物 福田衣里子

真の一体改革を実現する一期生の会(しんのいったいかいかくをじつげんするいっきせいのかい)は、民主党グループ
略称は真実の会。報道では福田衣里子グループともされる。

概要[編集]

2012年7月6日消費税増税関連法案の衆議院採決で造反し党に残った当選1回の衆議院議員13人は、政策研究会「真の一体改革を実現する一期生の会」を結成した。代表世話人は福田衣里子熊田篤嗣が共同で務める[1]

2012年8月7日、「真実の会」は、三党合意の修正を求める提言書を政調会長の前原誠司に提出。

2012年8月10日、「真実の会」は、消費税増税法の成立を受け国会議事堂内で記者会見を行い、2012年9月民主党代表選挙で、内閣総理大臣野田佳彦に対抗する独自候補の擁立に乗り出す意向を明らかにした。また、消費税増税法の成立について「極めて遺憾」などとした声明文を発表した。同声明文には、衆議院議員20人に加え、参議院議員3人(計23人)が名前を連ねている。

2012年11月、「真実の会」の代表世話役である福田が民主党を離党し事実上会としての活動は停止した。その後の第46回衆議院議員総選挙にて福田が落選しこれにより事実上会は消滅した。

所属していた国会議員一覧[編集]

役員[編集]

代表世話人 福田衣里子 熊田篤嗣

衆議院議員[編集]

石山敬貴大西孝典熊田篤嗣小山展弘斉藤進杉本和巳空本誠喜橘秀徳玉置公良道休誠一郎野田国義橋本勉初鹿明博福島伸享福田衣里子水野智彦皆吉稲生宮崎岳志柳田和己山岡達丸

参議院議員[編集]

有田芳生田城郁徳永エリ

脚注[編集]

関連項目[編集]