民主党娯楽産業健全育成研究会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

民主党娯楽産業健全育成研究会は、パチンコ業界に関連した民主党国会議員による議員連盟である。1999年8月に発足。日本の将来に向けて第三次産業、特にサービス産業を育成する必要が急務であるとしている。

活動内容[編集]

  • パチンコ業界の風営法適用範囲からの除外と、自由民主党との協力を視野に入れ換金行為の完全な合法化を柱とする「遊技場営業の規制及び業務の適正化等に関する法律案大綱」(遊技新法)の成立を目指すことなどを公表している[2]
  • カジノ合法化に向けたカジノ法案の検討など[1]

所属議員[編集]

所属していた議員[編集]

2006年1月27日月刊グリーンべると及びPCSA会員リストより。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]