JAM (労働組合)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JAM
Japanese Association of Metal, Machinery, and Manufacturing workers
設立年月日 1999年平成11年)9月9日
前身組織 ゼンキン連合
全国金属機械労働組合
組織形態 産業別労働組合
加盟団体数 約2,400単組
組合員数 約35万人
国籍 日本の旗 日本
本部所在地 105-0014
東京都港区2丁目20番地20号友愛会館内
加盟組織 日本労働組合総連合会
全日本金属産業労働組合協議会
支持政党 国民民主党
公式サイト JAMホームページ

JAM(ジャム、英語: Japanese Association of Metal, Machinery, and Manufacturing workers)は、日本労働組合である。日本労働組合総連合会(連合)、全日本金属産業労働組合協議会(金属労協)に加盟している。

概要[編集]

機械金属製造業の中小企業にて働く労働者を組織する産業別労働組合であり、現在約35万人の組合員がいる。この組合員数は連合内で5番目であり、ある程度の影響力は存在するようである。1人でも加入できる労働組合でもある。

沿革[編集]

1999年9月9日に、ゼンキン連合全国金属機械労働組合(金属機械)が組織統合して結成された。

加盟組合[編集]

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]