合同労働組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

合同労働組合(ごうどうろうどうくみあい、: general union)は、所属する職場や雇用形態に関係なく、産業別、業種別、職業別、地域別に組織する労働組合のこと。略称は合同労組(ごうどうろうそ)。主に、組合の無い中小零細企業の労働者が個人単位で加入するが、社内労組にも加入している大手企業社員が加入する場合もある(社内労組が御用組合と化し、充分に機能していない場合が少なくないため)。

組合の名前になる時は、合同労働組合のほか、一般労働組合一般合同労働組合となる。

以下に合同労働組合の特徴とその解説をする。ただし、全ての合同労働組合がこれに当てはまるとは限らない。

  1. どんな職業でも加入できる
  2. 一人でも加入できる
  3. 職場に組合が無くても加入できる
  4. 雇用形態に関係なく加入できる
  5. 中小企業の労働者の加入が多い

中小零細企業では組合がないことが多々ある。組合が無い場合、労働者にとって不利な雇用契約を結ばされたり、労働の環境が悪かったり、その他、労働者が不利な立場に陥ることがある。そこで組合を作ろうにも同調者がいれば良いが、そうでない場合もある。また一人で出来る事も限られている。

また、現在の日本では非正規雇用社員(非正社員)は正規雇用社員(正社員)に比べて立場が弱く、職場に組合があっても加入できないこともある。

合同労働組合はこれらを加入、相談、すくい上げることができる。

日本の主な合同労働組合[編集]

現在あるもの[編集]

過去あったもの[編集]

  • 全日自労建設農林一般労働組合(建設一般、現在の建交労)
  • 全国一般労働組合同盟(一般同盟、現在のUAゼンセン)