戸籍法を考える議員連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

戸籍法を考える議員連盟(こせきほうをかんがえるぎいんれんめい)は2009年に旧民主党内に設立された議員連盟

個人を単位とした登録制度をつくるため、戸籍法の廃止も含む見直しを提案している。部落差別撤廃、婚外子差別撤廃、選択的夫婦別姓法案導入などにも積極的である。

その後の経過[編集]

婚外子差別については、2013年9月4日、最高裁判所は、相続において婚外子を差別する民法の規定が違憲であるとの判断を下した[1]2010年7月第22回参議院議員通常選挙で、メンバー4名が落選した。2012年12月第46回衆議院議員総選挙で、呼びかけ人の1人である松本龍が落選した他、メンバー5名が落選した。2013年7月の第23回参議院議員通常選挙で、呼びかけ人の1人である川上義博が落選した他、メンバー1名が落選した。2014年12月の第47回衆議院議員総選挙で、メンバー1名が落選した。

所属議員[編集]

所属していた議員[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「婚外子相続差別は違憲 最高裁大法廷」日本経済新聞 2013年9月4日