21世紀国家ビジョン研究会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
21世紀国家ビジョン研究会
Sakihito Ozawa cropped 1 Members of the Global Legislators Organization for a Balanced Environment Edward Davey and Tim Hitchens 20130530.jpg
略称 小沢鋭仁グループ
設立年 2010年6月9日
設立者 小沢鋭仁
種類 民主党グループ
メンバー 民主党所属国会議員
会長 小沢鋭仁
関連組織 小沢グループ
鳩山グループ
ウェブサイト 国家研

21世紀国家ビジョン研究会(にじゅういっせいきこっかビジョンけんきゅうかい)は、民主党グループ。略称・東京都選挙管理委員会届出の名称は国家研、通称は小沢一郎グループとの区別から小沢鋭仁グループとされる。

なお、報道によってグループ名の表記にぶれがあり、「21世紀」を「21C」と表記或いは省略するもの、「国家ビジョン」を「国家モデル」或いは「国家像モデル」と表記するものがあるが、会長の小沢鋭仁環境大臣記者会見においてグループ名を「21世紀国家ビジョン研究会」と紹介している[1]

概要[編集]

鳩山由紀夫内閣総理大臣民主党代表が辞任し政界引退を表明した直後の2010年6月9日に、鳩山グループに所属する小沢鋭仁環境大臣と、羽田雄一郎五十嵐文彦大谷信盛菊田真紀子北神圭朗城島光力高山智司伴野豊山花郁夫ら小沢鋭仁に近い国会議員が呼び掛け人となって結成され[2]、8月2日に第1回勉強会を開催した。2011年に入ると活動を活発化させ、2月1日に政治団体の設立の届出をし[3]、4月12日に赤坂に事務所を開設した[4]。さらに、小沢鋭仁は次期民主党代表選挙への出馬に意欲を示し[5]、グループを中心に推薦人集めに奔走したが、支持が広がらず最終的には支持層が重なる海江田万里経済産業大臣に候補を一本化することで出馬を断念した[6]

小沢鋭仁を始め五十嵐、大谷ら鳩山グループ出身議員が多く、会員は約45人と報じられた一方[3]2011年4月12日の事務所開設の会合には約15人の国会議員が出席するにとどまっていた[4]

北欧型の福祉国家をモデルとした高福祉・中負担の社会保障の実現を主張し、アメリカ型の新自由主義には懐疑的であった他、不況を悪化させる増税には反対していた[7]

2012年11月に会長の小沢鋭仁、事務局長の初鹿明博ら幹部が民主党を除籍され、議員グループとしては事実上消滅した。

所属していた国会議員一覧[編集]

役員[編集]

会長 顧問 事務局長 事務局次長
小沢鋭仁[注 1][注 2] 五十嵐文彦[注 2] 糸川正晃[注 2] 初鹿明博[注 3]

衆議院議員[編集]

立憲民主党
無所属

参議院議員[編集]

国民民主党

元衆議院議員[編集]

民進党
国民民主党
希望の党
無所属

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 2012年11月に民主党除籍。その後の所属は日本維新の会維新の党無所属改革結集の会おおさか維新の会→日本維新の会希望の党
  2. ^ a b c 元職の国会議員。
  3. ^ a b 2012年11月に民主党除籍。その後の所属はみどりの風日本未来の党→みどりの風→維新の党民進党旧維新の党グループ松野グループ)→立憲民主党
  4. ^ 小沢鋭仁グループ離脱後の所属は赤松グループ。2017年10月に民進党離党。
  5. ^ 2017年10月に民進党離党。その後は無所属。
  6. ^ 小沢鋭仁グループ離脱後の所属は細野派→旧細野グループ高木グループ
  7. ^ 小沢鋭仁グループ離脱後の所属は細野派→旧細野グループ。2017年10月に合流。
  8. ^ 小沢鋭仁グループ離脱後の所属は前原グループ長島グループ→旧長島グループ。2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に国民民主党に不参加。
  9. ^ 2019年5月に自由民主党の公認候補に内定。

出典[編集]

  1. ^ “大臣記者会見要旨(平成22年7月30日(金))”. 環境省. (2010年7月30日). http://www.env.go.jp/annai/kaiken/h22/0730.html 
  2. ^ “小沢環境相ら新グループ 鳩山前首相の引退表明受け”. 47NEWS. (2010年6月9日). オリジナルの2010年6月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100614185724/http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010060901000820.html 
  3. ^ a b “小沢鋭仁氏、党内グループ旗揚げに意欲”. 読売新聞. (2011年2月1日). オリジナルの2011年2月4日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/1WDW4 
  4. ^ a b “小沢前環境相らが新事務所=民主敗北で執行部追及【統一選】”. 朝日新聞. 時事通信. (2011年4月12日). http://www.asahi.com/politics/jiji/JJT201104120090.html 
  5. ^ “小沢鋭仁前環境相、民主党代表選出馬へ 9日にも表明”. 産経新聞. (2011年6月9日). オリジナルの2011年6月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110613063653/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110609/stt11060901300002-n1.htm 
  6. ^ “小沢氏は海江田氏支持=野田、鹿野、馬淵氏も出馬表明―最多5人、代表選27日告示”. ウォール・ストリート・ジャーナル. 時事通信. (2011年8月26日). オリジナルの2013年4月28日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/2XQ3o 
  7. ^ “【ポスト菅へ動く(5)小沢鋭仁元環境相】政策通として強い自負 知名度、しこりが壁”. 共同通信. (2011年8月23日). オリジナルの2012年8月4日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/PzVQ 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]