愛知電気鉄道デキ360形電気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デキ360形360
デキ210形デキ211(旧・デキ360形362)

愛知電気鉄道デキ360形電気機関車(あいちでんきてつどうデキ360がたでんききかんしゃ)は、愛知電気鉄道(愛電)が新製した直流電気機関車。後年愛電と名岐鉄道が合併し名古屋鉄道(名鉄)が設立された際にも形式称号は変わらずデキ360形を名乗った。

概要[編集]

1923年大正12年)に1両(360)、1925年(大正14年)に2両(361, 362)が日本車輌製造で新製された。車体は凸字形で、軸配置はB+B、主電動機や電装品のはウェスティングハウス製、台車はブリル製である。600V専用機で、愛知電気鉄道時代は西尾線で使用されていた。連結器は連環連結器で緩衝器も設置されていた。のちに自動連結器も増設されて、一時期は連環連結器、緩衝器、自動連結器という2種類の連結器を併設していた。

1935年昭和10年)、愛知電気鉄道と名岐鉄道が合併し名古屋鉄道になると、名古屋鉄道デキ360形(360 - 362)となる。1949年(昭和24年)に360が363に改称し、デキ360形(361 - 363)となる。

戦後、361は各務原線西尾線、362は渥美線、363は西尾線で使用され、1954年(昭和29年)に渥美線が豊橋鉄道に譲渡されると、渥美線で運用されていた362はそのまま豊橋鉄道に転籍する

名古屋鉄道に残った2両は、1960年(昭和40年)に瀬戸線に転属。1965年(昭和40年)に361と363で車体振替が行われ、363の車体となった361が廃車となる。残った363も1967年(昭和42年)に廃車となる。

豊橋鉄道に譲渡された362は1968年(昭和43年)にデキ210形(211)に改称され貨物用として使用される。1984年(昭和59年)の豊橋鉄道の貨物営業廃止後も入換用として残り、1997年平成9年)の架線電圧1500V昇圧とともに廃車となった。

デキ210形(211)は、1998年(平成10年)に渥美郡田原町(現・田原市)へ寄贈され、芦ヶ池農業公園(サンテパルクたはら)でデワ10形11とともに静態保存されている。

主要諸元[編集]

  • 全長:9,144mm
  • 全幅:2,508mm
  • 全高:3,766mm
  • 自重:20.0t
  • 軸配置:B-B
  • 主電動機:48.5kW×4基(361)、37.3kW×4基(362・363)