田口鉄道デキ50形電気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田口鉄道デキ53形デキ53

田口鉄道デキ53形電気機関車(たぐちてつどうでき53がたでんききかんしゃ)は、かつて田口鉄道が自社線開業に際して新造した40t級箱形電気機関車。1両が製作され、系列会社であった鳳来寺鉄道豊川鉄道が保有していた同級電気機関車に続けてデキ53と付番された。田口鉄道の豊橋鉄道への合併後も同社田口線となった旧田口鉄道線で元の形式番号のままで運用され、同線廃止後は渥美線へ転用された。

製造経緯[編集]

寒狭川(豊川)の上流に位置する海老・田口の集落は、前者が伊那街道の宿場町、後者が天領の中心地として栄えた、この地域の主要都邑であった。

だが、明治後半から大正にかけて、三河平野を豊川沿いに北上するように豊川鉄道・鳳来寺鉄道線が建設された際、この2つの集落は両鉄道線のルートから外れることになってしまった。

そのため、両鉄道線が電化された1925年には、折からの好景気を背景として、この2つの集落から寒狭川沿いに南下して長篠へ至る蒸気鉄道の建設が計画されるようになった。これは、この地域が沿線の段戸御料林をはじめ豊富な森林資源に恵まれ、宮内省の出資を仰ぐことができた、という事情も働いてのものであり、宮内省を筆頭株主に擁したこの鉄道は、当初より森林鉄道的な性格の強い路線として建設・運営が行われることとなった[1]

そのため、1929年(昭和4年)に田口鉄道が自社線鳳来寺口(現・本長篠) - 三河海老間11.6kmを開業するに当たっては、当然のごとく貨物輸送用電気機関車が新造されることとなった。そこで、宮内省と同様に出資を仰いだ豊川鉄道が保有していた最新の電気機関車、デキ52形デキ52に準じた設計の40t級新型電気機関車が以下の通り製作されることとなった。

  • デキ53形デキ53
1929年4月、日本車輌製造本店製。

製作を請け負ったのは日本車輌製造で、機械部分も同社が担当したが、電気部分は東洋電機製造が設計製作した。田口鉄道線は豊川鉄道・鳳来寺鉄道と車両を共通運用とする前提で車両運用計画を立てていたため、本形式は1両のみの製作となっている。

車体[編集]

車体設計はデッキこそ無いものの豊川鉄道デキ52に準じており、箱形の鋼製車体を備える。

乗務員扉は側面に設置され、妻面は3枚窓構成で山岳線での運用に備え、デッキ上中央に大型の砂箱を設置していたデキ52と同様に、妻面中央窓の直下腰板部分に大型の砂箱を吊り掛け式で設置する。

後述するように発電ブレーキを搭載し常用することから、このクラスの電気機関車としては珍しく、多数の大型通風グリルを側面に並べ、さらに屋根上に乗せられたモニター屋根側面にも通風口を設置するなど、発電ブレーキ使用時の抵抗器からの放熱に万全を期した設計となっている。

主要機器[編集]

田口鉄道線が乗り入れ先の2社線に合わせて架線電圧直流1,500Vで電化開業したため、その機器構成は直流1,500V専用設計となっている。前述の通り電装品は東洋電機製造が製作を担当している。

主電動機[編集]

デキ52と同じく1時間定格出力111.9kWの直流直巻整流子電動機である、東洋電機製造TDK-522-Aを各台車に2基ずつ吊り掛け式で装架する。

減速装置の歯数比は70:18(3.89)である。

制御器[編集]

東洋電機製造製の電動カム軸式制御器を搭載する。制御電源は直流100Vで、この制御回路へ給電する必要から電動発電機を搭載する。

なお、運用される路線が山岳線である本形式においては、連続下り勾配区間での踏面発熱によるタイヤ弛緩を防止するため制御器に発電ブレーキ機構が搭載され、車体機器室の床上だけでなく、床下台車間にも大容量抵抗器が搭載されている[2]

台車[編集]

板台枠式の釣り合い梁式2軸ボギー台車を2台装着する。そのため、軸配置はB-Bとなる。

ブレーキ[編集]

機械式ブレーキ装置としては、機関車用のNo.14EL弁による空気ブレーキ手ブレーキを備える。

基礎ブレーキ装置は車体床下中央にブレーキシリンダーを装架し、ブレーキロッドで前後台車の両抱式踏面ブレーキ装置を駆動させる、この時代の電車・電気機関車では一般的な構造となっている。

このブレーキに空気圧を供給する空気圧縮機は当時広く採用されていたウェスティングハウス・エレクトリック社設計のD-3-Fで、これを2基搭載して床下各台車の両側面に1基ずつ合計4基搭載された空気タンクに蓄圧・使用する。

運用[編集]

戦時買収鳳来寺鉄道豊川鉄道飯田線となると、鳳来寺鉄道、豊川鉄道の電気機関車は国鉄の機関車となるが、デキ53は1944年(昭和19年)に田口鉄道籍のまま国鉄に供出され、飯田線でも運用される。1952年(昭和27年)からは田口鉄道に復帰し、木材などの貨物輸送を行っていた。

1956年(昭和31年)10月1日、田口鉄道は豊橋鉄道に合併され、豊橋鉄道田口線となる。本形式は形式デキ50 記号番号デキ53として豊橋鉄道籍に編入された。木材需要の減少に伴い、田口線の貨物輸送が減少すると、1965年(昭和40年)に渥美線に転籍する。この際架線電圧600Vへの降圧工事を実施する。

1968年(昭和43年)にデキ450形(451)[3]に改番される。1970年(昭和45年)に前照灯をシールドビーム2灯に変更されている。

貨物列車牽引用とされたが末期は余剰休車となり、1984年(昭和59年)の貨物営業廃止に伴い廃車となった。後に解体されている。

同系機・姉妹機[編集]

同系機として豊川鉄道デキ52形デキ52伊勢電気鉄道521形521がある。特に伊勢電気鉄道521は本形式の直後に日本車輌製造本店で設計・製作が行われており、図面番号がわずか10番違いとなっている。機器面では発電ブレーキの有無やそれに伴う抵抗器容量などが相違するが、台車は軸距を除きほぼ完全な同型、さらに主電動機が同じ東洋電機製造TDK-522-A搭載であり、車体も豊川デキ52と同様にデッキ付きである点が本形式と相違するものの、その造作や側面通風口の寸法・配置など共通点が非常に多く、実質的な姉妹機と言える。


豊川鉄道、鳳来寺鉄道、田口鉄道の電気機関車について[編集]

豊川鉄道、鳳来寺鉄道、田口鉄道の3社は、豊川鉄道を基幹としたグループ会社であり、車両も同形車を導入して直通運転を行なっていた[4]。電気機関車についても3社で連番となっている。

  • デキ50 - 鳳来寺鉄道デキ50(後の国鉄ED28 1)
  • デキ51 - 豊川鉄道デキ51(後の国鉄ED28 2)
  • デキ52 - 豊川鉄道デキ52(後の国鉄ED29 1)
  • デキ53 - 田口鉄道デキ53(後の豊橋鉄道デキ451)
  • デキ54 - 豊川鉄道デキ54[5](後の国鉄ED30 1→ED25 11

3社の電気機関車は、デキ50・デキ53・デキ54以外は現存している。デキ50は山形交通へ譲渡され、同社ED2として廃車後、山形県上山市リナワールドにモハ2とともに静態保存されていたが、2012年11月にともにリナワールドから撤去[1]された。撤去後の処遇は不明。デキ51は遠州鉄道へ譲渡され同社ED282として、デキ52は岳南鉄道へ譲渡され同社ED291として車籍を有する現役車両である。デキ54は伊豆急行へ譲渡され同社ED2511として使用された後東京急行電鉄へ譲渡され、同社長津田車両工場の場内入換機関車[6]となったが、2009年春にアント工業製の入換機2両が導入されたため、2009年6月に解体された。

主要諸元[編集]

  • 全長:11,052mm
  • 全幅:2,730mm
  • 全高:4,150mm
  • 運転整備重量:40.0t
  • 電気方式:直流1,500V(新造時:架空電車線方式)・直流600V(渥美線転用後)
  • 軸配置:B+B
  • 台車形式:板台枠
  • 主電動機:TDK522-A(端子電圧750V時1時間定格出力111.9kW、端子電圧600V時1時間定格出力90kW)×4基)
    • 歯車比:70:18(3.89)
    • 1時間定格出力: 360kW(600V定格)・448kW(1,500V定格)
    • 1時間定格引張力:4,800kg(600V定格)・4,850kg(1,500V定格)
    • 1時間定格速度:27.1km/h(600V定格)・33.8km/h(1,500V定格)
  • 動力伝達方式:歯車1段減速、吊り掛け式
  • 制御方式:抵抗制御、2段組合せ制御
  • 制御装置:電動カム軸式
  • ブレーキ方式:No.14EL空気ブレーキ手ブレーキ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ このような事情から、田口鉄道線全通と前後して、同線と接続する森林鉄道4路線が帝室林野局の手で1931年から1940年にかけて建設されている。
  2. ^ 同形電動機を採用し、発電ブレーキ非搭載の平坦線用姉妹機種である伊勢電気鉄道521形521では、機器室内にのみ抵抗器が搭載されていた。車体機器室部分に設置された側面通風器の開口部面積も伊勢電気鉄道521より本形式の方が大きくなっており、発電ブレーキ常用を前提とする車体設計となっていることが見て取れる
  3. ^ 1968年の改番で、電気機関車のデキ○○0○○は、機関車の重量の数字が入るものであったが、すでに40tの電気機関車(ED401)が在籍していたことがあり、デキ450形となったという。
  4. ^ 電車については豊川鉄道・鳳来寺鉄道・田口鉄道の電車を参照
  5. ^ 製造中の1943年(昭和18年)に豊川鉄道が戦時買収されたため、1944年(昭和19年)8月の完成時点から私鉄籍を持つことなく、国鉄籍に編入されている。1952年までは豊川鉄道で付番する予定であったデキ54であった。
  6. ^ ED30 1のプレートがつけられているが、無車籍の構内用移動機械扱いであった。

参考文献[編集]

書籍

  • 日本車輌製造 『日本車輛製品案内 昭和4年(電気機関車)』 日本車輌製造、1929年
  • 日本車両鉄道同好部・鉄道史資料保存会 『日車の車輌史 図面集-戦前私鉄編 上』 鉄道史資料保存会、1996年ISBN 978-4885400964
  • 日本車両鉄道同好部・鉄道史資料保存会 『日車の車輌史 図面集-戦前私鉄編 下』 鉄道史資料保存会、1996年ISBN 978-4885400971
  • 日本車両鉄道同好部・鉄道史資料保存会 『日車の車輌史 写真集-創業から昭和20年代まで』 鉄道史資料保存会、1996年ISBN 978-4885400988

雑誌

  • 「私鉄専用鉄道の電気機関車 豊橋鉄道」、『世界の鉄道'69』、朝日新聞社、1968年10月、 78 - 79頁。
  • 「日本の私鉄及び会社専用線電気機関車諸元表(1968年3月調べ)」、『世界の鉄道'69』、朝日新聞社、1968年10月、 178 - 185頁。
  • 「日本のローカル私鉄 豊橋鉄道」、『世界の鉄道'75』、朝日新聞社、1974年10月、 71 - 74頁。
  • 「日本の私鉄車両 諸元表」、『世界の鉄道'75』、朝日新聞社、1974年10月、 162 - 163頁。
  • 白井良和「中京・北陸地方のローカル私鉄 7 奥三河に咲いたローカル線 田口線の回想」、『鉄道ピクトリアル』第461巻、電気車研究会、1986年3月、 58 - 63頁。