渥美電鉄デホハ1形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デホハ1形3

渥美電鉄デホハ1形電車(あつみでんきてつどうデホハ1がたでんしゃ)は、渥美電鉄が開業時に新製した木造電車。後年渥美電鉄が名古屋鉄道(名鉄)へ吸収合併されたことに伴い、モ150形と改称された。

沿革[編集]

1923年(大正15年)に日本車輌製造で製造された木造電車、渥美電鉄デホハ1形である。3両(1 - 3)が製造され、後にモ1形と改称された。

1940年(昭和15年)、名古屋鉄道が渥美電鉄を合併すると、モ150形151 - 153と改称・改番され、引き続き渥美線で運用される。

1954年(昭和29年)、名古屋鉄道が渥美線新豊橋 - 三河田原間を豊橋鉄道へ譲渡すると、モ150形も豊橋鉄道に譲渡される。

151と152は1966年(昭和41年)、153は1967年(昭和42年)に廃車となる。

諸元[編集]

  • 全長:12,522mm
  • 全幅:2,640mm
  • 全高:4,620mm
  • 自重:.19.5[1]t
  • 電気方式:直流600V(架空電車線方式)
  • 台車:ブリル76E[2]
  • 主電動機:48.5kW×2基
  • 動力伝達方式:つりかけ駆動式

『世界の鉄道』1966年版、朝日新聞社、172-173頁

その他[編集]

  • 渥美電鉄時代の1937年(昭和12年)、モ1形3(→153)は落雷で全焼する。翌年、車体を木南車輌製造で製作し復活している。
  • 豊橋鉄道時代、モ150形は制御車ク2280形(2281 - 2283)と編成を組んでいた。ク2280形は、元三河鉄道ガソリン動車キ10形(名鉄キハ150形)であり、後に付随車化されたサ2280形として運用された車両である。
  • 1945年8月14日 モ152は天白変電所付近で米軍機より機銃掃射を受け死者15人、負傷者16人をだす[3]
  • 写真や図面から登場時は乗降ステップ、救助網があった[3]

脚注[編集]

  1. ^ 152は20t、153は22.8t
  2. ^ 153はブリルMCB-1
  3. ^ a b 『渥美線 渥美半島と外界をつなぐ鉄路の物語』田原市博物館、2014年、2頁