渥美電鉄ED1形電気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渥美電鉄ED1形

渥美電鉄ED1形電気機関車(あつみでんきてつどうED1がたでんききかんしゃ)は、渥美電鉄が新製した直流電気機関車。幾度かの改番を経て、晩年はデキ200形と改称されていた。

概要[編集]

1939年(昭和14年)に新製された電気機関車である。架線電圧600V専用の車両で木南車輌製造製、凸字形で、軸配置はB+B、出力は194kWであった。

1940年(昭和15年)、渥美電鉄は名古屋鉄道に吸収合併され、名古屋鉄道渥美線となる。合併に際して本形式はデキ150形151に改称される。

1954年(昭和29年)、渥美線は豊橋鉄道に譲渡されると、デキ150形151も譲渡される。形式番号はそのままであったが、1968年(昭和43年)にデキ200形201に改称する。その後、台車をブリル27からC12への変更、前照灯をシールドビーム2灯に変更などの改良がされている。

貨物輸送の他、花田操車場(花田貨物駅ともいう。現・花田信号所新豊橋駅 - 柳生橋駅間)での貨車の入換、日本国有鉄道との貨車の受け渡しに従事していた。

1984年(昭和59年)、豊橋鉄道の貨物営業の廃止により、廃車となる。廃車後は伊良湖フラワーセンターで静態保存されていたが、2005年(平成17年)に伊良湖フラワーセンターが閉鎖された際に撤去された。

主要諸元[編集]

  • 全長:9,430mm
  • 全幅:2,500mm
  • 全高:3,750mm
  • 自重:20.0t
  • 軸配置:B-B
  • 主電動機:37.0kW×4基