名鉄GB10形ガソリン機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名鉄GB10形ガソリン機関車(めいてつGB10がたガソリンきかんしゃ)は、かつて名古屋鉄道で運用された、ガソリンエンジン内燃機関とした内燃機関車である。

トヨタ自動車工業が製造した機関車である。GB10、GB11の、計2両が存在した。

概要[編集]

GB10は1953年(昭和28年)トヨタ自動車工業が製造した小型のガソリン機関車である。当初はトヨタ自動車工業本社工場内で使用していたため車籍はなかったが、名古屋鉄道三河線土橋駅で使用することになり、1956年(昭和31年)に名古屋鉄道の車籍となる(車両の所有はトヨタ自動車工業)。GB10とGB11とは、若干外観が異なっている。

トヨタ自動車工業本社工場と土橋駅との専用線で使用されたが、1971年(昭和46年)に廃車された。

主要諸元[編集]

  • 全長:5,090mm
  • 全幅:1,850mm
  • 全高:2,880mm
  • 自重:11.0t
  • 機関:トヨタ B(130PS/3600rpm)
  • 軸配置:B

参考文献[編集]

  • 『世界の鉄道』1970年、朝日新聞社、186-187頁