名鉄モ45形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名鉄モ45形電車(めいてつも45がたでんしゃ)は、かつて名古屋鉄道岐阜市内線岡崎市内線などで運用された路面電車車両の一形式である。1949年(昭和24年)に登場し、45~49の5両が存在した。

外観は5両とも異なるが、これは異形式を同一形式に統合したことによるものである。大きく分けて、旧美濃電気軌道の2両(45・46)と、旧岡崎電気軌道の3両(47・48・49)に分類される。45・46は岐阜市内線で、47・48・49は岡崎市内線で使用された。

沿革[編集]

モ45形(45・46)[編集]

美濃電気軌道が1925年(大正14年)に増備した61 - 63が前身である。日本車輌製造製のオープンデッキの木造二軸単車であった。新製に際しては電動貨車の主要機器を流用している。車体幅が若干広いことを除き、基本仕様はモ35形に準じていた。

1950年頃より、夏季には窓ガラスをはずすなどの改造が行われ、納涼電車として運行されていた。

1957年(昭和32年)に廃車となる。

モ45形(47・48・49)[編集]

岡崎電気軌道が1912年から1924年に増備した車両である。

モ45形47は、1912年(明治45年)に岡崎電気軌道が最初に運用した車両である1号であり、戦後の岡崎市内線では、唯一の明治時代姿を残すの車両であったという。モ45形48は1922年(大正10年)製造の10号、モ45形48は1924年(大正12年)製造の11号であり、モ45形47とは大きく仕様が異なっていた。

1960年(昭和35年)に廃車されたが、モ45形47は、旧岡崎電気軌道1号車ということから静態保存となり、犬山市のラインパーク(現・日本モンキーパーク)に保存されていた。しかし老朽化がひどく、1970年頃に解体されたという。

主要諸元[編集]

データーはモ45形47のもの

  • 全長:7,950mm
  • 全幅:2,134mm
  • 全高:3,799mm
  • 自量:5.3t
  • 定員:42人(内座席12人)
  • 電気方式:直流600V(架空電車線方式)
  • 台車形式:ブリル21-E
  • 主電動機:18.7kW×2基

参考文献[編集]


関連項目[編集]