名鉄ホム100形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名鉄ホム100形貨車
基本情報
製造所 日本車輌製造新川工場
製造年 1965年(昭和40年)
製造数 9両
消滅 2005年(平成17年)
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 8,540 mm
全幅 2,555 mm
全高 2,850 mm
荷重 15 t
自重 9.0 t
テンプレートを表示

名鉄ホム100形貨車(めいてつホム100がたかしゃ)とは、かつて名古屋鉄道で運用されていた貨車ホッパ車)である。

9両(ホム101 - ホム109)が存在した。

概要[編集]

  • 15t積の2軸ホッパ車である。1965年(昭和40年)3月に日本車輌製造で2両(ホム101・ホム102)製造された。同年12月に2両(ホム103・ホム104)、1967年(昭和42年)に2両(ホム105・ホム106)が増備され、その後、自社新川工場でも同一車両(ホム107 - ホム109)が製造されている。
  • 犬山駅矢作橋駅などに配備され、砕石(バラスト)散布に運用されていたが、2001年(平成13年)、JR東海からホキ800形[1]が購入されたことにより、7両(ホム101 - ホム105・ホム108・ホム109)が廃車となり、残る2両(ホム106・ホム107)は揖斐線に転属となる。
  • 揖斐線ではト1形に代わってバラスト散布に従事していたが、2005年(平成17年)、揖斐線の廃止とともに廃車される。
  • 2001年に廃車となった車両のうち、3両(ホム103・ホム108・ホム109)は豊橋鉄道に譲渡され、形式および車番はそのままで[2]渥美線で従事していたが、2004年頃から運用の実績はなく、2009年現在、高師駅側線に留置されている状態である。

主要諸元[編集]

  • 最大寸法:
全長:8,540mm
全幅:2,555mm
全高:2,850mm
  • 荷重:15t
  • 自重:9.0t

脚注[編集]

  1. ^ 名鉄での形式はホキ80形。
  2. ^ 名古屋鉄道の銘板もそのままである。