名鉄サ2170形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名鉄サ2170形電車
基本情報
製造所 日本車輌製造本店
主要諸元
軌間 1,067 mm(狭軌
車両定員 90人(座席8人)
車両重量 17.5 t
全長 10,730 mm
全幅 2,700 mm
全高 3,753 mm
車体 木造
台車 C-12(ブリル21-E改)
テンプレートを表示

名鉄サ2170形電車(めいてつサ2170がたでんしゃ)は、名古屋鉄道(名鉄)が太平洋戦争中の戦時体制下において1943年昭和18年)に導入した電車付随車)である。

1942年(昭和17年)に戦時輸送強化のため日本車輌製造にて製造された木造車両で、台車はデキ50形のC-12二軸ボギー台車を流用した[1][注釈 1]。側面には2箇所の片開客用扉を備え、側面窓配置は 2 D 4 D 2 であった[2]

当初は築港線にて工員輸送に供されたのち、1959年(昭和34年)以降に竹鼻線へ転属した。竹鼻線においては他形式(制御電動車)に牽引される形態で運用され、1960年(昭和35年)3月に廃車となった[2]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ デワ350形からの流用とする文献もある[2]

出典[編集]

  1. ^ 清水・田中 2019, p. 133.
  2. ^ a b c 加藤・渡辺 2015, p. 161.

参考文献[編集]

書籍

  • 清水武、田中義人『名古屋鉄道車両史 上巻』アルファベータブックス、2019年。

雑誌記事

  • 白井昭「600V時代の名鉄西尾蒲郡線 (前編)」『鉄道ピクトリアル』第809号、電気車研究会、2009年10月、 108-113頁。
  • 加藤久爾夫・渡辺肇「私鉄車両めぐり 名古屋鉄道」『鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション』第30号、電気車研究会、2015年1月、 122 - 165頁。