名鉄DC60形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名鉄DC60形ディーゼル機関車(めいてつDC60がたディーゼルきかんしゃ)は、かつて名古屋鉄道で運用されたディーゼル機関車である。1両(61)のみ存在した。

名古屋鉄道で唯一のC型のディーゼル機関車であり、後に名古屋臨海鉄道に譲渡された。

概要[編集]

1962年(昭和32年)、加藤製作所が製造した小型のディーゼル機関車であり、動力伝達方式はロッドで動輪配置はC型。車両の所有日本通運であるが、車籍は名古屋鉄道の籍であった。

築港線名電築港駅で使用された後、1965年(昭和40年)に所有は日本通運のままで名古屋臨海鉄道に異動。汐見町駅常駐となり、貨物輸送や入替えに従事した。

初期の名古屋臨海鉄道の主力機として活躍したが、1995年(平成7年)廃車された。

主要諸元[編集]

  • 全長 - 7,350mm
  • 全幅 - 2,645mm
  • 全高 - 3,350mm
  • 車両重量 - 25.0t
  • 機関出力 - 180PS 1500rpm
  • 機関 - DMH17C


脚注[編集]