名鉄トフ30形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名鉄トフ30形貨車
基本情報
種車 美濃電気軌道トフ301形
導入年 1930年(昭和5年)
改番:1941年(昭和16年)
総数両 3
運用開始 1912年(大正元年)~
消滅 1960年(昭和35年)
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 6,147 mm
全幅 2,134 mm
全高 1,886 mm
自重 6.0 t
テンプレートを表示

名鉄トフ30形貨車(めいてつトフ30がたかしゃ)とは、かつて名古屋鉄道で運用されていた木造貨車無蓋車)である。

概要[編集]

元は美濃電気軌道の2軸無蓋車トフ301形であり、1912年(大正元年)に最初の車両が運用が開始され、最終的には17両(トフ301 - トフ308、トフ310 - トフ318)が在籍した。1930年(昭和5年)に美濃電気軌道は名古屋鉄道へ買収され、車籍は名古屋鉄道へ承継された。1939年(昭和14年)中に、貨車輸送の減少のため14両(トフ301 - トフ304,トフ306 - トフ308,トフ310,トフ314 - トフ318)が廃車となり、残りの3両は1941年(昭和16年)に改番され、トフ30形(トフ31 - トフ33)となる。

その後も貨物量減少や老朽化で廃車が進み、1954年(昭和29年)頃には1両(トフ32)のみとなった。晩年は工事車両として運用され、1960年(昭和35年)に廃車となり同時に形式消滅となった。

主要諸元[編集]

  • 最大寸法:
全長:6,147mm
全幅:2,134mm
全高:1,886mm
  • 自重:6.0t

参考文献[編集]

脚注[編集]