名鉄ト200形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名鉄ト200形貨車
ト200形ト246 貨物鉄道博物館に保存のもの
ト200形ト246
貨物鉄道博物館に保存のもの
基本情報
製造所 日本車輌製造
製造年 1917年大正6年)
種車 愛知電気鉄道ワ100形
改造年 1924年(大正13年)頃
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 6,375 mm
全幅 2,310 mm
全高 2,045 mm
荷重 10.0 t
自重 5.8 t
換算両数 積車 1.2
換算両数 空車 0.6
走り装置 シュー式
テンプレートを表示

名鉄ト200形貨車(めいてつト200がたかしゃ)とは、かつて名古屋鉄道で運用されていた木造貨車無蓋車)である。

概要[編集]

  • 元は愛知電気鉄道の貨車であり、1917年(大正6年)日本車輌製造で製造された2軸有蓋車ワ100形である。ワ100形の一部の車両は1924年(大正13年)頃に改造で無蓋車となり、ト200形となる。現在の常滑線で運用され、1935年(昭和10年)に名岐鉄道と愛知電気鉄道が合併し名古屋鉄道となるとト200形も引き継がれる。
  • 老朽化と貨物輸送減少により昭和40年代には全車廃車されたという。
  • 1959年(昭和34年)に廃車されたト246[1]は、控車に転用され、鳴海工場で運用されていた。鳴海工場閉鎖後、1997年(平成9年)に舞木検査場へ転籍。2007年(平成19年)にトラ70形(トラ73)が控車として転用されると引退した。

主要諸元[編集]

  • 最大寸法:
全長:6,375mm
全幅:2,310mm
全高:2,045mm
  • 自重:5.8t
  • 荷重:10.0t

保存車両[編集]

  • 控車として運用されていたト246三岐鉄道に譲渡され、三重県いなべ市貨物鉄道博物館に静態保存されている。展示された当初は控車としてのそのままの状態で展示されていたが、2006年(平成18年)1月に現役当時の姿に修復された。

脚注[編集]

  1. ^ 旧・ワ100形(ワ136)。