名鉄チキ10形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄コキ1000形貨車 > 名鉄チキ10形貨車
名鉄チキ10形貨車
基本情報
種車 国鉄コキ1000形貨車
改造所 新川工場
改造年 1993年(平成5年)
改造数 4両
主要諸元
車体色 青色(メイテツブルー)
軌間 1,067 mm
全長 16,320 mm
全幅 2,600 mm
全高 3,679 mm
荷重 22 t
自重 22.0t t
台車 TR215F
テンプレートを表示

名鉄チキ10形貨車(めいてつチキ10がたかしゃ)とは、名古屋鉄道で運用されている貨車長物車)である。レール輸送に運用されている。

概要[編集]

  • 1993年(平成5年)、JR貨物より海上コンテナ輸送用コンテナ車コキ1000形を譲り受け、新川工場で改造。レール輸送用の長物車とした車両である。4両(チキ11 - チキ14) [注釈 1]が在籍している。
  • レール吊り上げ用クレーンが、チキ11とチキ14には1台、チキ12とチキ13には2台設置されている。基本的には4両(チキ11 - チキ14)で編成を組み、両端がチキ11・チキ14、中間がチキ12・チキ13である。塗装は名鉄の電気機関車と同じ青色(メイテツブルー)である。
  • 普段は大江駅に常駐している。

主要諸元[編集]

  • 最大寸法:
全長:16,320mm
全幅:2,600mm
全高:3,679mm
  • 荷重:22t
  • 自重:22.0t
  • 台車:TR215F

注釈[編集]

  1. ^ チキ11は元・コキ1014。チキ12は元・コキ1018。チキ13は元・コキ1005。チキ14は元・コキ1011。