名鉄ホ1形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名鉄ホ1形貨車
基本情報
改造所 日本車輌製造
改造年 1928年(昭和3年)
1929年(昭和4年)
改造数 6両
消滅 1989年(平成元年)
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
荷重 15 t
テンプレートを表示

名鉄ホ1形貨車(めいてつホ1がたかしゃ)とは、かつて名古屋鉄道で運用されていた貨車ホッパ車)である。

6両(ホ1 - ホ6)が存在した。

概要[編集]

  • 15t 積の二軸ホッパ車である。1928年(昭和3年)から翌年にかけて日本車輌製造で改造されたものだが、元々は無蓋車であったのを改造したと思われる。
  • 犬山駅に3両(ホ1 - ホ3)、矢作橋駅に3両(ホ4 - ホ6)に配備され、砕石(バラスト)散布に運用されていたが、1984年(昭和59年)にホム100形の増備車(ホム107・ホム108・ホム109)が新川工場で製造されると、3両(ホ4 - ホ6)が瀬戸線に転属する。
  • 1989年(平成元年)にホキ80形が配備されたことにより、全車が廃車となった。