三河鉄道デワ1形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三河鉄道デワ1形

三河鉄道デワ1形電車(みかわてつどうデワ1がたでんしゃ)は、三河鉄道が新製した電動貨車。後年三河鉄道が名古屋鉄道(名鉄)へ吸収合併されたことに伴い、デワ10形と改称された。

2両が存在し、岡崎市内線で運用された。

概要[編集]

車体は木造。2軸車であった。ブレーキ手ブレーキと電気ブレーキの併用。

自動連結器を装備し、貨車の牽引にも使用されていた。

主要諸元[編集]

  • 全長:8,255mm
  • 全幅:1,956mm
  • 全高:3,799mm
  • 自量:9.2t
  • 電気方式:直流600V(架空電車線方式)
  • 軸配置:B
  • 台車形式:ブリル21-E
  • 主電動機:SS-D-58(50PS)×2基
  • 歯車比:5.11
  • 制御方式:SS-OW
  • 貨物積載量:5.0t

沿革[編集]

1927年(昭和2年)、伊那電気鉄道松島工場で製造された[1]。発注は岡崎電気軌道であったが、同年4月16日に三河鉄道に合併。この電動貨車は1928年(昭和3年)に三河鉄道に納車され、三河鉄道デワ1形(1・2)となる。

1941年(昭和16年)6月1日、三河鉄道が名古屋鉄道に合併すると、デワ10形(11・12)に改番。引き続き岡崎市内線で運用され、戦後、運転台側面の窓を設置、前照灯の位置変更などの改造が行われる。

岡崎市内線の貨物輸送の他、日清紡績戸崎工場[2]への貨物輸送、国鉄挙母線との貨車連絡を行っていたが、貨物取り扱いが廃止されると、資材運搬に従事していた。

1962年(昭和37年)、岡崎市内線の廃止とともに廃車[3] となる。

脚注[編集]

  1. ^ 1914年(大正3年)に天野工場で製造された伊那電気鉄道の電動貨車を3, 4という説もある。伊那電気鉄道の電車#電動貨車を参照。
  2. ^ 1997年閉鎖。跡地はイオンモール岡崎
  3. ^ 廃車後、愛知県立岡崎高等学校の倉庫として使用されたが、現存しない。


参考文献[編集]