名鉄DB75形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名鉄DB75形ディーゼル機関車(めいてつDB75がたディーゼルきかんしゃ)は、かつて名古屋鉄道で運用されたディーゼル機関車である。2両(75・76)が存在した。

概要[編集]

日本車輌製造製の小型ディーゼル機関車で、L字形車体の15t車である。ともに私有車で車両の車籍は名古屋鉄道であった。

DB75は1963年(昭和38年)製で所有権は名古屋パルプ広見線可児川駅から伸びる同社専用線で運用されたが、専用線廃止により廃車。その後は小西砕石に移り、高山本線坂祝駅の専用線で運用され、解体された。

DB76は1969年(昭和44年)製で所有権はユニチカ挙母線大樹寺駅から伸びる同社岡崎工場専用線で運用されたが、1971年(昭和46年)に廃車された。

主要諸元[編集]

  • 全長 - 6,500mm
  • 全幅 - 2,740mm
  • 全高 - 3,365mm
  • 車両重量 - 15.0t
  • 機関出力 - 153PS×1

参考文献[編集]

  • 鉄道ピクトリアル2月号別冊「鉄道ピクトリアルアーカイブスセレクション30「名古屋鉄道1960〜1970」 2015年発行