名鉄DB45形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

名鉄DB45形ディーゼル機関車(めいてつDB45がたディーゼルきかんしゃ)は、かつて名古屋鉄道で運用されたディーゼル機関車である。

2輌(45・46)が運用されていた。ともに民間会社の私有車で、車籍は名古屋鉄道であった。

概要[編集]

日本輸送機が製造した小型のディーゼル機関車で、45は1960年(昭和35年)、46は1961年(昭和36年)に製造された。

45は日本通運の私有機で、愛知県営側線築港線で運用された。1965年(昭和40年)に愛知県営側線が名古屋臨海鉄道となると、車籍は名古屋鉄道から名古屋臨海鉄道に移り、名古屋臨海鉄道で入換業務を担当。1983年(昭和58年)に廃車された。

46は愛知製鋼の私有機で、常滑線聚楽園駅と愛知製鋼の間の専用線で使用され、1965年(昭和40年)に廃車された。

主要諸元[編集]

  • 全長 - 6,750mm
  • 全幅 - 2,580mm
  • 全高 - 3,300mm
  • 車両重量 - 20.0t
  • 機関出力 - 150PS×1