名鉄モ780形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
名鉄モ780形電車
豊橋鉄道モ780形電車
名鉄モ780形785 (黒野 2005年3月)
名鉄モ780形785
黒野 2005年3月)
基本情報
製造所 日本車輌製造
主要諸元
軌間 1,067 mm
電気方式 直流600V架空電車線方式
起動加速度 2.8 km/h/s
編成定員 64人(座席24人・補助席4人)
編成重量 19.4 t
全長 14,530 mm
全幅 2,100 mm
全高 3,765 mm
車体 普通鋼
台車 FS-559
主電動機 三相交流かご形誘導電動機
TDK-6307-A
主電動機出力 60kW
搭載数 2基 / 両
駆動方式 TD平行カルダン
歯車比 6.55
制御装置 GTO-VVVFインバータ制御
RG-629-E-M
制動装置 回生制動併用電気指令式ブレーキ MBS-R
テンプレートを表示

名鉄モ780形電車(めいてつモ780がたでんしゃ)は、1997年(平成9年)から2005年(平成17年)まで名古屋鉄道(名鉄)で使用されていた路面電車車両である。

名鉄での使用後に豊橋鉄道に譲渡され、原番号・原形式のままモ780形電車として導入された。本稿では譲渡後の状況についても記述する。

名鉄在籍時代[編集]

名鉄において岐阜市内線及び揖斐線近代化の一環として1997年(平成9年)から1998年(平成10年)にかけて日本車輌製造にて7両が製造された両運転台車両。これにより揖斐線専用の鉄道車両が大幅に淘汰された。

車両のスタイルは、屋根までの大きなガラスと黒いバンパーの目立つ正面が1980年(昭和55年)に製造されたモ880形電車(→福井鉄道へ移籍)に、3枚折り戸の前後扉・両開きの中扉と固定窓・扉の開閉に連動するステップの実装が1987年(昭和62年)から1988年(昭和63年)にかけて製造されたモ770形電車に準じている。これら連接車のボギー車版といった位置付けである。なお、前面窓下のステンレス飾りは省略された。

VVVFインバータ制御東洋電機製)・電気指令式ブレーキ・シングルアーム式パンタグラフなどの新鋭車の装備を多く有している。運転台は横軸式マスコン、縦軸式ブレーキが採用されている。

単行運転中心の運用だったが、ラッシュ時には最大3両(岐阜市内線では2両)連結の姿を見ることもあった。

2005年(平成17年)4月1日の名鉄岐阜600V線区(岐阜市内線・揖斐線・美濃町線田神線)の廃止により、名古屋鉄道において廃車となった。

豊橋鉄道への譲渡[編集]

改装準備中(2005年7月 赤岩口分区敷地外より撮影)

豊橋鉄道東田本線へは、7両全車が名古屋鉄道より譲渡され、2005年5月頃にまずモ781 - 783が、モ800形電車1両とともに豊橋鉄道赤岩口分区に入庫した。

その後、2005年10月に残りのモ784 - 787の4両も赤岩口分区に入庫している。

営業運転開始にあたっては豊橋鉄道仕様のワンマン設備を実装・自動連結器の撤去、スカート改造・急カーブ対応のため主電動機の配線やブレーキホースの延長、床下機器移設などの改造が豊橋鉄道赤岩口分区にて実施され、同年8月2日より第1陣として781の運用が開始され、2006年3月までに全7両が運用についている。781は運行開始直後、事故に遭い一時期運用から外れていたが現在は復帰している。

なお、3つある扉のうち、進行方向向かって運転席右側の扉は締め切り扱いで、「締切」とシールが貼られているが、競輪場前電停の安全地帯新設により、赤岩口方のものは、競輪場前電停停車時のみ乗車口として使用されるようになった。

車体カラーは名鉄時代はアイボリーを基調にスカーレットとグリーンを配した塗装だったが、豊橋鉄道では置き換え対象であるモ3100形を受け継いで(一部を除く)全面広告塗装となっている。

2011年にはmanaca運用開始に伴い、運賃箱・車内表示器がICカードに対応した物に交換された。2014年12月の定期検査出場時には、モ784号の冷房装置が新型に交換された[要出典]。また、2017年末頃から座席モケットが順次名鉄時代の物から交換され、781、784、785がオレンジ、782、783が茶色、786、787が緑色のモケットにそれぞれ交換された。室内灯もLEDに順次交換されている。

現在、豊橋鉄道東田本線の主力車両として運行している。

現在の広告塗装
  • 781 - 豊橋丸栄(白ベース+紺色+細い赤帯)→浜松・東三河フェニックス(現:三遠ネオフェニックス、レッドベース)※がんばれフェニックス号→豊橋信用金庫
  • 782 - カスタムハウジングコーポレーション(マルーンベースのレトロを意識)
  • 783 - トーリンホーム (白ベース) →横浜ゴム(ADVAN)(ブラックベース・乗降用扉はスカーレット)
  • 784 - 日本通運(黄色+紺色)→2016/3月頃より紺色ベースの塗装に変更
  • 785 - 東和マンションセンター(紺色)→三河ダイハツ(左が黄、右が赤で前面中央は白)
  • 786 - 日の丸薬局(白ベース+赤)
  • 787 - メガワールド(シルバーをベース)→白をベースにした塗装に変更