名鉄ト1形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名鉄ト1形貨車
ト1形ト15、貨物鉄道博物館に保存のもの
ト1形ト15、貨物鉄道博物館に保存のもの
基本情報
車種 無蓋車
製造所 名古屋電車製作所
製造年 1912年(大正元年)
種車 瀬戸電気鉄道の2軸無蓋車
廃車 2005年(平成17年)12月15日
主要諸元
軌間 1,067mm
全長 6,593mm
全幅 2,590mm
全高 1,708mm
荷重 10.0t
自重 6.0t
テンプレートを表示

名鉄ト1形貨車(めいてつト1がたかしゃ)とは、かつて名古屋鉄道で運用されていた木造貨車無蓋車)である。

概要[編集]

  • 元は瀬戸電気鉄道の貨車[1]であり、1912年(大正元年)名古屋電車製作所で製造された2軸無蓋車である。1939年(昭和14年)に名古屋鉄道が瀬戸電気鉄道を合併するとト1形となる。
  • 主に瀬戸線などで運用されていたが、貨物輸送の減少に伴い廃車が進み、最後に残ったのは1966年に揖斐線に転属した2両(14・15)となった。この2両は黒野検車区に常駐していたが、2005年(平成17年)12月15日に廃車となる。

主要諸元[編集]

  • 最大寸法:
全長:6,593mm
全幅:2,590mm
全高:1,708mm
  • 自重:6.0t
  • 荷重:10.0t

保存車両[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 瀬戸電気鉄道の形式名は不明。