瀬戸電気鉄道ホ101形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
モ550形552

瀬戸電気鉄道ホ101形電車(せとでんきてつどうホ101がたでんしゃ)は、1925年大正14年)に瀬戸電気鉄道が新製した、同社初の2軸ボギー構造を採用した電車である。瀬戸電の名古屋鉄道(名鉄)合併後はモ550形(初代)に改称・改番された。

沿革[編集]

14 m級3扉車体を持つ木造車で、ホ101・102の2両が日本車輌製造で新製された。鉄道線用車両であったが当時のホーム高さの関係で客用扉部にステップが設置されており、その外観は路面電車用車両に近いものがあった。1939年昭和14年)に瀬戸電気鉄道が名古屋鉄道に吸収合併されたことに伴い、本形式はモ550形(初代)551・552と改称・改番された。

合併後も瀬戸線で運用されていたが、1962年(昭和37年)に電装解除の上ク2240形2241・2242と改称・改番された。同時に揖斐線谷汲線に転属して使用された後、1965年(昭和40年)に廃車となった。

主要諸元[編集]

  • 全長:14,173mm
  • 全幅:2,667mm
  • 全高:4,261mm
  • 自重:20.32t
  • 定員:90人(内座席22人)
  • 電気方式:直流600V(架空電車線方式)
  • 台車:ブリル77-E-1

参考文献[編集]

  • RM LIBRARY 187 「名鉄木造車鋼体化の系譜」2015年