九角形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
正九角形

九角形(きゅうかくけい、きゅうかっけい、英:nonagon、enneagon)は、多角形の一つで、9本のと9個の頂点を持つ図形である。内角1260°、対角線の本数は27本である。

正九角形[編集]

正九角形においては、中心角外角40°で、内角は140°となる。一辺の長さがaの正九角形の面積Sは、

となる。

を平方根と立方根で表すと[1]

正九角形は定規とコンパスによる作図が不可能な図形である。

正九角形の頂点を二つおきに線で結ぶと正三角形ができる。

正九角形の作図[編集]

ネウシス作図英語版または角の三等分ツールを使うことにより作図可能である。


  • ネウシス作図(スライドと同時に回転が可能な目盛り付きの定規を用いる作図)(With a marked ruler
正六角形をもとに目盛り付きの定規を用いて角の三等分を作図

その他九角形に関する事項[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Weisstein, Eric W. "Nonagon". MathWorld (英語).