百万角形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

百万角形(ひゃくまんかくけい、megagon)は、多角形の一つで、1,000,000本の辺と1,000,000個の頂点を持つ図形である[1][2]。 内角の和は179,999,640°[1]、対角線の本数は499,998,500,000本である[3]

正百万角形[編集]

正百万角形においては、中心角と外角は0.00036°で、内角は179.99964°となる。一辺の長さが a の正百万角形の面積 S は

正百万角形の作図[編集]

正百万角形は定規コンパスによる作図が不可能な図形である。

正百万角形は折紙により作図が不可能な図形である。

関連項目[編集]

哲学での用法[編集]

百万角形は、視覚化できないが明確に定義できる概念の実例として用いられることがある[4][5][6][7][8][9][10]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Darling, David J., The universal book of mathematics: from Abracadabra to Zeno's paradoxes, John Wiley & Sons, 2004. Page 249. ISBN 0-471-27047-4.
  2. ^ Dugopolski, Mark, College Algebra and Trigonometry, 2nd ed, Addison-Wesley, 1999. Page 505. ISBN 0-201-34712-1.
  3. ^ Williamson, Benjamin, An Elementary Treatise on the Differential Calculus, Longmans, Green, and Co., 1899. Page 45.
  4. ^ McCormick, John Francis, Scholastic Metaphysics, Loyola University Press, 1928, p. 18.
  5. ^ Merrill, John Calhoun and Odell, S. Jack, Philosophy and Journalism, Longman, 1983, p. 47, ISBN 0-582-28157-1.
  6. ^ Hospers, John, An Introduction to Philosophical Analysis, 4th ed, Routledge, 1997, p. 56, ISBN 0-415-15792-7.
  7. ^ Mandik, Pete, Key Terms in Philosophy of Mind, Continuum International Publishing Group, 2010, p. 26, ISBN 1-84706-349-7.
  8. ^ Kenny, Anthony, The Rise of Modern Philosophy, Oxford University Press, 2006, p. 124, ISBN 0-19-875277-6.
  9. ^ Balmes, James, Fundamental Philosophy, Vol II, Sadlier and Co., Boston, 1856, p. 27.
  10. ^ Potter, Vincent G., On Understanding Understanding: A Philosophy of Knowledge, 2nd ed, Fordham University Press, 1993, p. 86, ISBN 0-8232-1486-9.

外部リンク[編集]