鈍角三角形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Triangle.Obtuse.svg

鈍角三角形(どんかくさんかっけい、: obtuse triangle)は、三角形の一種で、3つの角のうち、最大角または長辺に対する角が直角 (90° = π/2 rad) よりも大きい図形である。

なお、鈍角三角形では、長辺を c、短辺を ab とすれば、各辺は c2 > a2 + b2 の関係となり、また外心垂心が三角形の外部に生ずる。

鈍角三角形の合同条件[編集]

鈍角三角形に関して、2辺と鈍角が相等しいならば二つの三角形は合同になる。このとき鈍角は必ずしも2辺を挟む角である必要はない。この条件を、鈍角三角形の合同条件という[1][2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 鈍角三角形の合同条件”. 東大・京大・一直線. 2019年11月3日閲覧。
  2. ^ 2つの鈍角三角形は本当に合同? 二等辺三角形を作り出せ!”. あすなろ学習室. 2019年11月3日閲覧。

外部リンク[編集]

  • 鈍角三角形』 - コトバンク
  • Weisstein, Eric W. "Obtuse Triangle". MathWorld (英語).