七十三角形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
正七十三角形

七十三角形(ななじゅうさんかくけい、ななじゅうさんかっけい、heptacontatrigon)は、多角形の一つで、73本のと73個の頂点を持つ図形である。内角の和は12780°、対角線の本数は2555本である。

正七十三角形[編集]

正七十三角形においては、中心角と外角は4.931…°で、内角は175.068…°となる。一辺の長さが a の正七十三角形の面積 S は

正七十三角形の作図[編集]

正七十三角形は定規コンパスによる作図が不可能な図形である。

正七十三角形は折紙により作図可能である[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 西村保三「折り紙による正73角形の作図」『福井大学教育地域科学部紀要』第3号、福井大学教育地域科学部、2012年、 67-75頁、 ISSN 2185-369XNAID 110009552131

関連項目[編集]

外部リンク[編集]