三十七角形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
正三十七角形

三十七角形(さんじゅうしちかくけい、さんじゅうななかっけい、triacontaheptagon)は、多角形の一つで、37本のと37個の頂点を持つ図形である。内角の和は6300°、対角線の本数は629本である。

正三十七角形[編集]

正三十七角形においては、中心角と外角は9.729…°で、内角は170.27…°となる。一辺の長さが a の正三十七角形の面積 S は

を平方根と立方根で表すことが可能であるが、三次方程式三次方程式(2つ)→二次方程式と解く必要がある。

以下には、中間結果(三次方程式を1回解いた際の関係式)を示す。

各式を3つの組に分ける。

和積公式で変形する。また、 の関係を使って変形する。

解と係数の関係を使って二次方程式を解くと

ここで、は以下の三次方程式の解である。

三角関数、逆三角関数を用いた解は

平方根、立方根で表すと

正三十七角形の作図[編集]

正三十七角形は定規コンパスによる作図が不可能な図形である。

正三十七角形は折紙により作図可能である[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 西村保三, 山本一海「折り紙による正37角形の作図」『福井大学教育地域科学部紀要』第2巻、福井大学教育地域科学部、2012年、 63-70頁、 ISSN 2185-369XNAID 110008795238

関連項目[編集]

外部リンク[編集]