マラ・ジェイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マラ・ジェイド (Mara Jade) は、『スター・ウォーズ・シリーズ』に登場する架空の女性である。映画には登場しない。本来ジェダイは結婚を禁じられているが新ジェダイ・オーダーに準ずる設定のためここでは触れないこととする。

概要[編集]

人間女性で、かつては「皇帝の手」として銀河帝国の皇帝パルパティーンに仕えていた。「皇帝の手」とは、パルパティーンの直接の命令に従い、刺客として主に暗殺などを行っていたダーク・ジェダイ達のことで、他にロガンダ・イズマレン、ルミヤ(シーラ・ブリー)など数名がいた。そのなかでもマラ・ジェイドは特に有能で、皇帝から一目置かれていた。

ダース・ベイダーとも面識があったが、お互いあまり良い感情は持っておらず、幾度か衝突したこともある。それでも共通の目的について情報交換をしたり、助言を与えたり便宜を図ったりするなど、共闘したこともあった。

ルーク・スカイウォーカーらがハン・ソロ救出のためにジャバ・ザ・ハットの宮殿に向かった頃(『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』)、ルークを暗殺するために、アリカという踊り子に変装してジャバの宮殿に潜入していた。しかしジャバが捕らえたルークを処刑するためにサーラックの巣へ連れて行く際に同行を許されず、その上ルークが脱出したため、任務は失敗に終わった。

パルパティーン亡き後は密輸業者タロン・カードの部下として働いていたが、タロンが新共和国との関わりを深めるようになると、ルークと接触するようになる。かつての敵であるルークへの復讐を誓っていた彼女は、ジレンマに陥った(『スローン3部作』、ティモシイ・ザーン著)。 しかし、強いフォースを持っていた彼女はルークからジェダイの訓練を受け、味方として共に戦っていくうちに憎しみを和らげていく。そしてルークからのプロポーズを受け入れ、ルークと結婚する(『ハンド・オブ・スローン2部作』、ティモシィ・ザーン著)。

マラ・ジェイド・スカイウォーカー (Mara Jade Skywalker) と名を変えた彼女は、ルークとの間に1男ベンをもうける(『復活』、グレッグ・キイズ著)。自身が「スカイウォーカー」となった今でも、夫ルークを「スカイウォーカー」と呼ぶことがある。

その後もルークと共に、ジェダイ・マスターとして弟子の指導にあたっている。ハン・ソロとレイア・オーガナの長女ジェイナ・ソロがマラの弟子となり、一人前のジェダイ・ナイトとして独立した(『運命の道』、ウォルター・ジョン・ウィリアムズ著)。

後にシスの暗黒卿ダース・カイダスとなったジェイセン・ソロによって殺害される。

関連項目[編集]