ペ英洙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「裵英洙」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
裵 英洙 (ペ・ヨンス)
Bae, Young-Soo
ハンファ・イーグルス #33
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 大邱広域市
生年月日 (1981-05-04) 1981年5月4日(36歳)
身長
体重
184 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1999年 1次ドラフトでサムスン・ライオンズから指名
初出場 2000年4月9日
年俸 5億5000万ウォン(2016年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 大韓民国の旗大韓民国
WBC 2006年
ペ・ヨンス
各種表記
ハングル 배영수
漢字 裵英洙
発音: ペヨンス
英語表記: Bae Young-Soo
テンプレートを表示

裵 英洙(ペ・ヨンス、韓国語:배영수、1981年5月4日 - )は、韓国プロ野球ハンファ・イーグルスに所属するプロ野球選手投手)。184cm、84kg。右投右打。

経歴[編集]

大邱広域市出身。地元の名門、慶北(キョンブク)高校からサムスン・ライオンズに入団。

入団当初は期待されながらも度胸がなく、逃げるようなピッチングで球速のわりにはよく痛打されるという印象をもっていた。2001年ロッテ・ジャイアンツとの試合で相手打者のフェリックス・ホセに死球を当て、激怒したホセに殴り倒されたこともある。

2004年宣銅烈がコーチに就任すると、彼の指導を受けて一気にチームを支えるエースに成長。2004年の韓国シリーズ第4戦では強打者が揃った現代ユニコーンズ相手に無安打に抑え込んだ(しかしこの試合では打線の援護がなく、延長10回時間切れで0対0の引き分けになり、ノーヒットノーラン達成ばかりか勝利投手にもなれなかった)。この年はシーズン17勝2敗の成績でMVPを受賞している。

2005年アジアシリーズの決勝戦の千葉ロッテマリーンズ戦に先発、これが日本での初登板となった。敗戦投手になったものの、高校の先輩である李承燁から2三振を奪った。

2006年WBC韓国代表に選出された。WBCの1次リーグ日本戦でリリーフ投手として登板したが、イチローに死球を与えて降板させられた。同年のレギュラーシーズンは右肩痛に悩まされ8勝9敗に終わった。しかし韓国シリーズでは、高卒新人ながら投手3冠を達成した柳賢振(リュ・ヒョンジン)に投げ勝ち、先発・リリーフを問わずに登板する「便利屋」として活躍した。

2006年のシーズン後に肘の故障が発覚し診察のため渡米。「靭帯の損傷が激しいため手術が避けられない」と診断され、トミー・ジョン手術を受けた。2007年シーズンはリハビリのため一軍登板の機会がなかったが、1年にわたるリハビリに専念した結果、2008年シーズンに復帰、開幕から先発ローテーションの一角を担い復活を遂げた。

2009年は投球内容が大きく悪化し、1勝12敗と負けが先行した。

2010年オフ、シーズン中に取得したフリーエージェント権を行使し、日本プロ野球・東京ヤクルトスワローズとの移籍交渉を進めたが、メディカルチェックでB型肝炎に感染している事が発覚し、これが球団側の基準を満たしておらず破談となり[1]、サムスンと2年契約を結び残留した。2011年も6勝止まりで防御率5点台と、2008年以降は手術前ほどの成績を残すことはできなくなっている。しかしサムスンが韓国シリーズで優勝したため出場したアジアシリーズ2011の台湾代表統一セブンイレブン・ライオンズ戦では、5回を1失点と好投しチームの勝利に貢献した。

2012年は、8月26日LG戦にて呉智煥から三振を奪い、韓国プロ野球史上23人目となる1000奪三振を達成。さらにこの試合の勝利投手となり、通算100勝利を記録した。2005年以来7年ぶりに2ケタ勝利(12勝)をあげ、サムスンの2連覇に貢献した。ポストシーズンでは韓国シリーズ第3戦に登板するも3回3失点を乱調気味でアジアシリーズでは、Lamigoモンキーズ戦にて5回1失点と好投したが、味方が相手投手から無失点に抑えられ敗戦投手に。2013年は14勝と9年ぶり2度目の最多勝を獲得。

2014年シーズンオフ、二度目のFAを行使しハンファ・イーグルスへ移籍した。2015年は4勝に終わり、2016年は故障で一軍登板がなかった。

プレースタイル・人物[編集]

投球スタイルとしては140km/h中盤のストレートスライダーを持つ。球のキレで勝負する本格派投手。

2006年WBCで、実況を担当したTBS松下賢次アナウンサーから「マウンドにはペ・ヨンジュンが上がります」と間違えられた。しかし、厳密にいうと、韓国語では、ペ・ヨンジュンのヨンと彼のヨンは発音が違う。

高校の先輩の李承燁と親しい関係であり、2006年のWBCの時には、お互い所属チームで付けていた背番号を交換して付けたりもした(裵英洙のサムスン時代の背番号は25、WBCでは36、李承燁はサムスンの時から前年まで所属していた千葉ロッテでの背番号は36、WBCでは25)。これが、後に李承燁が巨人で背番号を25に変えたきっかけのひとつにもなった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]










































2000 サムスン 25 0 2 0 0 0 0 45.1 59 9 21 3 32 36 34 6.75 6.35
2001 35 13 8 0 0 0 0 169.2 169 11 89 8 96 82 71 3.77 5.09
2002 22 6 7 0 0 0 0 81.1 94 13 43 5 63 55 50 5.53 6.97
2003 30 13 5 0 0 1 0 163.2 174 11 77 7 99 85 82 4.51 5.44
2004 35 17 2 0 0 4 2 189.2 163 6 74 11 144 65 55 2.61 6.83
2005 31 11 11 2 1 2 1 173.0 148 10 48 11 147 61 55 2.86 7.65
2006 32 8 9 0 4 0 0 157.1 142 13 38 9 133 56 51 2.92 7.61
2007 一軍出場なし
2008 27 9 8 0 0 0 0 114.2 127 15 38 3 71 59 58 4.55 5.57
2009 23 1 12 0 0 0 0 75.2 106 18 22 7 40 73 61 7.26 4.76
2010 31 6 8 1 0 0 0 119.2 136 11 37 8 64 69 63 4.74 4.81
2011 25 6 8 0 1 0 0 103.0 127 5 27 6 47 67 62 5.42 4.11
2012 26 12 8 0 0 2 0 160.0 159 7 39 3 89 64 57 3.21 5.01
2013 27 14 4 0 0 0 0 151.0 193 9 38 14 101 83 79 4.71 6.02
2014 25 8 6 0 0 1 0 133.2 171 14 39 5 111 87 81 5.45 7.47
2015 ハンファ 32 4 11 0 1 0 0 101.1 124 21 39 14 56 93 79 7.04 4.99
2016 一軍出場なし
通 算 426 128 109 3 7 10 3 1938.2 2092 173 669 114 1293 1035 938 4.35 6.00
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル[編集]

  • MVP:1回(2004)
  • 最多勝:2回(2004、2013)
  • 最優秀勝率:1回(2004)
  • 最多奪三振:1回(2005)
  • ゴールデングラブ賞:1回(2004)

背番号[編集]

  • 25 (2000年 - 2014年)
  • 37 (2015年 - 2016年)
  • 33 (2017年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 裵英洙の入団を諦めたヤクルトは2010年シーズン途中で退団したトニー・バーネットと再契約している。

外部リンク[編集]