タク郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中国地名の変遷
建置 漢代
使用状況 唐代に廃止
前漢涿郡
垣翰郡
後漢涿郡
三国范陽郡
涿郡
幽州

涿郡(たく-ぐん)は、中国にかつて存在した漢代および隋代に、現在の河北省北京市にまたがる地域に設置された。

歴史[編集]

前漢の高祖(劉邦)が設置した。郡治は涿県、後の涿州市である。29県が属した。涿県、遒県穀丘県故安県南深沢県范陽県蠡吾県容城県易県広望県鄚県高陽県州郷県安平県樊輿県成県良郷県利郷県臨郷県益昌県陽郷県西郷県饒陽県中水県武垣県阿陵県阿武県高郭県新昌県である。『漢書』によれば前漢末に19万5607戸、78万2764人があった[1]

の時代に垣翰郡(えんかんぐん)と改称したが、後漢になって戻された[2]

後漢の涿郡は涿・遒・故安・范陽・良郷・北新城・方城・容城の8県を管轄した[3]

三国時代文帝により涿郡は范陽郡と改称された[4]

583年開皇3年)、が郡制を廃すると、范陽郡は廃止されて、幽州に編入された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、幽州は涿郡と改称された。涿郡は薊・良郷・安次・涿・固安・雍奴・昌平・懐戎・潞の9県を管轄した[5]

618年武徳元年)、により涿郡は幽州と改められ、涿郡の呼称は姿を消した[6]

脚注[編集]

  1. ^ 班固漢書』地理志第八上。小竹武夫訳『漢書』3(ちくま学芸文庫、筑摩書房、1998年)、320-322頁。
  2. ^ 班固『漢書』地理志第八上。小竹武夫訳『漢書』3(ちくま学芸文庫、筑摩書房、1998年)、320頁。
  3. ^ 後漢書』郡国志五
  4. ^ 晋書』地理志上
  5. ^ 隋書』地理志中
  6. ^ 旧唐書』地理志二