電波ジャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

電波ジャック(でんぱジャック)とは、放送事業者等の許認可を受けていない者が電気通信における正規の伝送路を乗っ取り、正規の受信者に向けて独自の内容を送信することをいう。

なお、「電波ジャック」はハイジャックに由来する日本独自の表現であり、英語では「Broadcast signal intrusion(放送信号割り込み)」と呼ぶ。

手法[編集]

無線通信[編集]

アナログの場合には、同一周波数電波を発射することで乗っ取りが行われる。テレビラジオ放送のほか、防災無線の同報用スピーカーが標的にされたケースもあった(後述)。

ラジオ放送の場合、正規の放送においても容易に混信が発生する特性を持っており、電波ジャックは比較的容易である。ラジオの放送周波数帯に対応した強力な送信機が製作・使用される。国家間でラジオ放送局を利用したプロパガンダ通信妨害の放送を互いに相手国領土内に流し合うという事例が、冷戦期から現在に至るまで多く見られる[1]

テレビ放送においても理論的には、テレビの放送周波数帯に対応した送信機を製作・使用するだけで近隣のテレビ受像機に音声および映像を映し出すことができる。しかし、アナログテレビ放送の電波出力は一般的に高出力であるため、本放送を妨害して音声・映像ともに完全に乗っ取るには、放送局よりさらに高出力な送信機の製作が必要となり、そうなれば発信源の特定が行われやすいことから、このような完全な電波ジャックが行われた例はまれである(音声のみを乗っ取る事例は多い)。ただし、かつてアメリカでは、RCA端子を持たない旧型テレビ向けにアンテナを通じてビデオテープレコーダの映像を映し出す簡易な送信機が販売されており、この機器に電波出力を上げる改造をほどこすだけで、近隣のテレビの映像になら悪影響を与えることができた。

また、クローズドキャプションの製作機材を悪用することで、クローズドキャプションが用いられていないテレビ放送に対して、意図的に文字情報をかぶせて表示させる手法も行われた。

現在の日本においては、地上デジタル放送の普及と当局の電波監視体制が進み、ラジオ放送以外での電波ジャックは理論上困難となりつつある。

有線通信[編集]

有線放送は、放送局から電線を通じて各家庭への配信を行う構造である。この配信網の中継点に、意図的に発信配線をまぎれ込ませることによって、そこから下流の受像器に電波ジャックを行う。ケーブルテレビに例を取れば、無線送受信の放送に比べて音声・映像双方の完全な乗っ取りが容易である。

電波ジャックの実例[編集]

無線[編集]

テレビ[編集]

「連帯」事件[編集]

1985年9月、ポーランドトルン大学(ニコラス・コペルニクス大学)に所属する天文学者であるZygmunt Turlo、Leszek Zaleski、Piotr Lukaszewski、Jan Hanaszの4人がパソコンと送信機を用いた自作の放送機材を用いてトルンの国営テレビ放送を乗っ取る事件を起こした。その内容は「値上げ、嘘、弾圧はもうたくさんだ。トルン「連帯」(Enough price increases, lies, and repressions. Solidarity Torun)」と「選挙のボイコットはわれわれの義務である(It is our duty to election boycott)」という二つの字幕であり、独立自主管理労働組合「連帯」のロゴと共に国営放送の内容に被さるように表示されるものであった[2]。4人の学者の行動は後に当局に発見され、「無免許の無線送信機の所持と公衆の不安を煽る行為」を罪状として拘束された。しかし当局は4人の天文学会での功績を考慮(実際には西側諸国からの批判をかわす為でもあった)し、4人に対しそれぞれ100ドル相当の罰金と執行猶予付きの判決を下すに留まった。しかし、ポーランドの一般的な月収が20ドルに満たない時代であった当時としてはこの判決でも大変な重刑であり、民衆のポーランド人民共和国に対する不満は後のポーランド民主化運動によって結実していく事になる[3]

マックス・ヘッドルーム事件[編集]

1987年11月22日、イリノイ州シカゴで同日中に2度にわたって発生した事件。午後9時台にWGN-TV(シカゴ9ch)英語版のニュース番組「The Nine O'Clock News」の放送中、次いで午後11時台にWTTW(シカゴ11ch)英語版でドラマ『ドクター・フー』の放送中、マックス・ヘッドルームをモチーフにした仮面を被った男が、車庫のような空間の中で意味不明の言葉を喋りつづけ、映像の後半では尻を出して女性らしき人物にムチで叩かせる、という映像が流された。女性が登場するシーンの前後や音声等を編集してあることから生放送ではなかったとみられるが、その不気味かつ下品でどことなくユーモアのある映像は世間を驚かせ、現地のニュース番組にも取り上げられた。現在に至るまで犯人は発見されていない。

法輪功による電波ジャック[編集]

2002年、法輪功は同運動家による中国中央電視台への電波ジャックを行い、法輪功のプロパガンダ映像を放送したと発表した[4]

レバノン侵攻の際の電波ジャック[編集]

2006年7月、イスラエルレバノン国内の非国家軍事組織ヒズボラとの間に起きた紛争であるレバノン侵攻の際、イスラエル軍はヒズボラの機関衛星放送局であるアル=マナールTVの周波数帯をジャックして、ヒズボラ及びヒズボラ議長ハサン・ナスルッラーフを批判する内容のプロパガンダ放送を流し続けた[5]。通常の電波ジャックとは性格が異なる、国家及び正規軍が戦術の一環として公然と行った大規模な電波ジャックの一例である。

放送波以外の電波ジャック事例[編集]

杉並区防災無線電波ジャック事件[編集]

1985年6月22日午後9時45分頃、東京都杉並区の防災無線用スピーカーにおいて、杉並区議会議員(当時)・長谷川英憲を中傷する内容の声明が流れた。長谷川は当時東京都議会議員選挙に立候補しており、同日は選挙運動期間中であった。

チェコの核攻撃映像(回線に直接介入)[編集]

2007年6月17日、チェコプラハを中心に全土で放送している国営放送局チェコ・テレビが日曜朝に放映していた、チェルニー・ドゥール近郊のクルコノシェ山脈を撮影した情報カメラの映像において、カメラがスクロールしていく最中に突然真っ白い閃光が画面全体を覆いつくし、その後核爆発キノコ雲が立ち上る風景が映し出され、ホワイトノイズとともに映像が途切れるという、一見すればチェコを標的とした核戦争が勃発したと見まがいかねない凄まじい映像が映し出された。犯行はチェコ国内で過去何度も電波ジャックを繰り返していたゲリラアーティスト集団Ztohovenによるものであり、実際の映像にコンピュータグラフィックスを重ね合わせて製作したCGIを、カメラと放送局をつなぐ回線に割り込ませる手口であった[6]。チェコ当局は、いたずらとしても芸術表現としてもあまりに度が過ぎた行為であることを重く見て、同グループの主要メンバーを摘発。後に実刑判決が下される騒ぎとなった。

有線[編集]

ケーブルテレビ[編集]

キャプテン・ミッドナイト事件[編集]

1986年4月26日東部標準時12時32分、アメリカのケーブルテレビHBOの放送が乗っ取られた事件。同局で映画コードネームはファルコン』を放送中にロングアイランドの放送電波塔からの電波が乗っ取られ、カラーバーを背景に「キャプテン・ミッドナイト(Captain Midnight)」を名乗る人物からの下記のようなメッセージが、数分間にわたって表示され続けた。

GOODEVENING HBO
FROM CAPTAIN MIDNIGHT
$12.95/MONTH  ?
NO WAY !
[SHOWTIME/MOVIE CHANNEL BEWARE!]

上記はHBOの競合ケーブル放送網のショウタイムThe Movie Channelの視聴を推奨する内容で、後にフロリダ州オカラ在住のジョン・R・マクドゥーガルが逮捕された。マクドゥーガルはHBOの放送内容と料金に不満を持って犯行に及んだ、と自供しており、5000ドル罰金および保護観察処分となった。なお、犯人逮捕の決め手は電波の発信源の特定ではなく、彼の犯行を知る者からのウィスコンシン州当局への匿名での電話通報であった。逆探知により電話の発信元がフロリダ州ゲインズビル州間高速道路75号線沿いのサービスエリア公衆電話という事までは突き止められたが、通報者の詳細はついに判明しなかった。

プレイボーイ事件[編集]

1987年9月、アダルト放送を展開するプレイボーイチャンネルの電波が乗っ取られる事件が発生。犯人として逮捕されたThomas HaynieはChristian Broadcasting Network(CBN)の従業員であり、プレイボーイチャンネルのポルノグラフィに抗議する意図で犯行に及んだと語っている。この事件によりHaynieはCBNを解雇された[7]

真相不明の事例[編集]

放送局側から、電波ジャックではなく放送事故である、もしくは原因不明である、と公式発表が行われたものを列記する。

イギリス[編集]

イギリスでは1977年11月、Southern Televisionが放送するITNニュースの音声を遮る形で電波ジャックが行われた。その内容は「銀河系協会の代表である"ギリオン"」を名乗る人物のデマ演説であった。このデマ放送は当時のイギリスで大変な話題となり、主要新聞はその州の日曜版で一斉にこの事件を報じた程であった[8]。また、同国の超常現象専門誌Fortean Timesにはこの事件の特集が組まれ、放送された音声を書き起こした文章が掲載された。

オーストラリア[編集]

2007年1月3日、セブン・ネットワークカナダのTVドラマ「メーデー!:航空機事故の真実と真相」を放送している最中に突然音声が途絶え、アメリカ人特有のアクセントで“Jesus Christ, help us all, Lord”と唱える音声が6分間に渡り繰り返し流れ続けた。セブン・ネットワークのスポークスマンは、実際には一部の語句を除いて関連性が見受けられないにも関わらず、「この音声はメーデー!作中の実際の音声である“Jesus Christ one of the Nazarenes”という部分が繰り返し流れ続けてしまった放送事故である」という声明を発表した。しかし、セブン・ネットワークの外部で独自に研究を行う研究者は、流された音声は2006年にイラク戦争武装勢力IEDと銃撃を受けた民間トラックの光景を報じたニュース映像の音声の一部ではないかという指摘をしている。しかし、どういった経緯でこのような音声が放送に紛れてしまったのかは現在でも明らかになっていない。

アメリカ[編集]

2007年7月13日、ワシントンDCABC傘下のデジタル放送局WJLA-TVの地上デジタル放送に、突然不鮮明な男女の写真が映し出されるという事態が発生した。しかしこの事態は地上デジタル放送チャンネルにのみ行われ、アナログ放送のチャンネルには発生しなかった。当初この事態は、暗号化が行われているはずのデジタル放送に発生した本当の電波ジャックではないかと言われていたが、WJLA-TVの公式発表では「旧式のHDTVエンコーダの誤動作により、オプラ・ウィンフリー・ショーの静止映像が誤って表示されてしまった放送事故である」と発表されており、真相は現在でも明らかにはなっていない[9]

2007年5月1日、ニュージャージー州リンクロフト一帯で、アメリカのケーブルテレビ事業者コムキャストが配信するディズニー・チャンネルにて「おたすけマニー」を放送中に、ハードコアポルノグラフィ映像が流されるという事件が発生した。コムキャストは視聴者からの苦情に対し、「我々はこの事件の根本的原因を今後も調査し続ける」という声明を発表した[10]。2009年2月1日にはアリゾナ州ツーソンにおいて、同じコムキャストが配信するNBC系列の在ツーソン放送局KVOAが放送していた第43回スーパーボウルアリゾナ・カージナルスピッツバーグ・スティーラーズ)の第4クォーターの最中に映像が途絶え、約30秒間に渡りポルノ映像が流されるという事件も発生した。2年前の事件の調査後にも関わらず再び似たような事件が繰り返された事で、コムキャストは対応と弁明に追われる事になった[11][12]。しかし、いずれの事件も現在まで原因の究明及び犯人の逮捕には至っていない。

日本における事例[編集]

前述の防災無線をターゲットにした事件の他に、以下の事例がある。

テレビ[編集]

  • 1978年1月17日東京都内においてNHK総合テレビの「NHKニュース」を放送中の午後0時から午後0時15分にかけて電波ジャックされ、映像はNHKのまま音声のみの演説が放送されるという事件が発生した。放送の内容は、女性の声で水本事件(革マル派の学生が警察によって殺害されたと革マル派が主張する事件)の真相究明を訴えるものだった。新宿区渋谷区杉並区中野区練馬区など、東京都道318号環状七号線の半径5kmの範囲で発生したため、車で移動しながら放送したのではないかとみられている。同日夜に、電波ジャックは「国際人民連帯委員会」が実施したもので、革マル派は同委員会とは無関係である、という革マル派側の声明が発表された。この事件で、NHKには苦情が100件寄せられた[13]
  • 1987年4月5日、東京都杉並区において、NHK総合テレビの大河ドラマ独眼竜政宗』を放送中の20時20分から4分30秒間、電波ジャックが発生した。女性の声で「中核派は人殺し集団であり、東京都議会議員補欠選挙に立候補している長谷川英憲(上記参照)には投票するな」と演説する内容で、このときはNHKに80件の苦情があったという[14]

フェイクの可能性が高い映像[編集]

ワイオミング・インシデント(ワイオミング事件)[編集]

「アメリカ・ワイオミング州で発生したテレビ放送の電波ジャック」とされる映像(ただし、後述のようにフェイク映像である可能性が高い)。冒頭はニュース番組の映像(カラー)で始まるが、突如砂嵐(ノイズ)が発生し、全編モノクロの怪映像が6分程度に渡って続く。内容はまず、「333-333-333 We Present A SPECIAL PRESENTATION(訳:333-333-333 特別なプレゼンテーションをお送りします)」という文字列が画面上半分と、上下反転の鏡文字として画面下半分に書かれた映像が不気味な効果音と共に数秒続き、映像が大きな文字による不可思議な主張に切り替わると、直後に男性の顔をモチーフにしたアニメーション映像が流れ、再び「333…」のローテーションが複数繰り返されるというものであった。前衛芸術的な表現方法を用いられた映像で、その映像を見た人々の大半が「気味の悪い映像」だと評価しており、インターネット上では「アメリカで起きた電波ジャック事件」として高い知名度を持つ。

しかし、その知名度に反して公開されている映像や上述した事の顛末以外の情報に乏しい(もし実際の電波ジャック事件だとしたら、5W1Hのうち何年何月何日何時何分頃に行われたのかという肝心の「when」が欠けている)。また、2004年頃にインターネット上で動画が公開されてから初めて有名になったこと、電波ジャックにしては砂嵐のノイズが不自然(実在する電波ジャック事件の映像と比較すると分かりやすい)で、テレビ放送の映像にしては(インターネットで流れている映像の)画質が高すぎるなどの指摘も挙がっており、「映像は単なるフェイクであり、事件そのものも実在しなかった」という見解が一般的である。さらに2007年には、映像の作者と称する人物がWindowsムービーメーカーなどのソフトを用いて作ったフェイク映像であるとコメントしている[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Kipp, Vicki W.. “Tower Industry Part 11 - Tower Harassment”. 2007年4月25日閲覧。
  2. ^ (polish)”. W.icm.edu.pl (2006年5月18日). 2009年7月15日閲覧。
  3. ^ http://witryny.of.pl+(1985年9月14日). “(english)”. W.icm.edu.pl. 2009年7月15日閲覧。
  4. ^ Falun Dafa”. Clearwisdom.net. 2009年7月15日閲覧。
  5. ^ "Psychological Operations during the Israel-Lebanon War 2006" by Herbert Friedman”. 2008年8月17日閲覧。
  6. ^ Wohlmuth, Radek. “Umělci napadli vysílání ČT 2. Podívejte se jak” (Czech). 2007年6月17日閲覧。
  7. ^ Bellows, Alan (2007年1月9日). “Remember, Remember the 22nd of November”. Damn Interesting. 2007年4月25日閲覧。
  8. ^ "Source of hoax space broadcast stays a mystery", The Times, 28 November 1977, p. 2, col. E.
  9. ^ Swann, Phillip. “Washington DC TV Station 'Hijacked' By Mystery Photo (archive.org)”. 2007年7月13日閲覧。
  10. ^ Disney Channel Horror: Customers Get Porn Instead, CBSニュース, May 1, 2007
  11. ^ Super Bowl Cut Off By Porn Scene, en:Sky News, February 3, 2009
  12. ^ Unknown, Unknown (2009年2月2日). “Super Bowl porn hits US viewers”. BBC News. 2009年2月2日閲覧。
  13. ^ 「怪電波、NHKテレビ"乗っ取り" 過激派が演説 昼のニュース 音だけ15分間」『中日新聞』1978年1月18日付
  14. ^ 「NHK TVジャック」『中日新聞』1987年4月6日付
  15. ^ ARGnet: Y-Y-You Will See Such Pretty Things (英語) - azeytweeter on March 1st, 2007

関連項目[編集]