ハサン・ナスルッラーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サイイド・ハサン・ナスルッラーフ (Sayyd Hasan Nasrallahアラビア語حسن نصر الله 、生没年:1960年8月20日 - )は、レバノンシーア派イスラーム主義組織、ヒズボラ(ヒズブッラー)の議長。新聞等の日本語表記では、ナスララ又はナスラッラーと表記されることが多い。ベイルート東部のブルジュ・ハンムード出身。

家族[編集]

ハサン・ナスルッラーフは、1960年8月20日に、レバノン南部のスール(ティール)市近郊の小村ジャバル・アーミル出身であったアブドゥル=カリームの10人いる子供たちのうち9人目として生まれた。

妻はファーティマ・ヤースィーン。子供であるムハンマド・ハーディー、ムハンマド・ジャワード、ザイナブ、ムハンマド・アリー、ムハンマド・マフディーと共に、サウス・ベイルートに住む。

1997年、長男のムハンマド・ハーディーは、Jabal al-Rafei (レバノン南部)で、イスラエル軍により殺害された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

スピーチ・インタヴュー[編集]


党職
先代:
アッバース・アル=ムーサウィー (en
ヒズボラ議長
第4代:1992 -
次代:
(現職)