ナジャフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナジャフ
النجف
An Najaf
Meshed ali usnavy (PD).jpg
Imam Ali's Shrine.
位置
ナジャフの位置の位置図
ナジャフの位置
座標 : 北緯32度0分 東経44度19分 / 北緯32.000度 東経44.317度 / 32.000; 44.317
行政
イラクの旗 イラク
  ナジャフ県
 市 ナジャフ
地理
面積  
  市域  ? km2
標高 60 m
人口
人口 (2008年現在)
  市域 900,600人
その他
等時帯 AST (UTC+3)
夏時間 なし

ナジャフアラビア語: نجف‎ Najaf)あるいはアン=ナジャフアラビア語: النجف‎ al-Najaf)は、イラク中南部の都市。

概要[編集]

ナジャフは、バグダードのおよそ160km南、ユーフラテス川の西岸に位置する。2003年の人口は585,600人。第4代カリフシーア派の初代イマームであるアリーの墓廟がある。

ナジャフの墓廟はアッバース朝カリフのハールーン・アッ=ラシードによって8世紀末頃に建設され、アリーの墓所としてスンナ派シーア派を問わず尊崇を集めた。特にアリーを初代イマームとみなすシーア派の人々にとっては聖地として重要な巡礼地とみなされる。

18世紀頃からシーア派の多数派である十二イマーム派の高位法学者が数多く居住するようになり、イラクにおける十二イマーム派の中心都市に発展するとともに、イランなど遠隔地に住む十二イマーム派の信徒を留学生や巡礼者として集めるようになり、イスラム世界全体を見渡してもマッカ(メッカ)、マディーナ(メディナ)に次いで巡礼者を集める国際都市へと成長した。

外部リンク[編集]