ムクタダー・アッ=サドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ムクタダー・アッ=サドルمقتدى الصدر Muqtadá al-Sadr、1973年8月12日 - )は、イラクシーア派十二イマーム派)のウラマーで、フッジャトル・イスラーム。シーア派の反米強硬派民兵組織マフディー軍及び政治組織サドル潮流英語版の指導者。

イラクにおけるシーア派のイスラム主義政治運動のリーダーだったムハンマド・バーキル・サドル英語版を輩出したサドル家の出身で、父ムハンマド・サーディク・アッ=サドル英語版はムハンマド・バーキルの死後イラクにおけるシーア派の指導者となっていたが1999年サッダーム・フセイン政権によって暗殺された高位法学者であった。ムクタダーは、ムハンマド・サーディクから慈善活動などを行うシーア派運動を引き継いだが、自身はウラマーとして十分な教育を受けておらず、法学者としての位階は低い。

父の死後、彼らの派閥はイラクのシーア派の中で勢力を失い、アメリカなど諸外国にも政治的影響力を認められていなかった。しかし2003年イラク戦争でアメリカが「戦闘終結宣言」をおこない国際紛争としてのイラク戦争が終戦となった後(実際にはその後戦争[要出典]は泥沼化した)、バグダードのシーア派居住地域で社会慈善活動を拡大して支持を広めるとともに、民兵組織としてマフディー軍を創設し、急速に影響力を高めた[要出典]

サドル派は、イスラム国家樹立を目指す立場を取り、反米的な態度を取って占領軍に抵抗した。サドルは連合国暫定当局の行うイラクの占領統治を公然と批判し、自身が暫定当局に任命されたイラク統治評議会にかわって統治を行う政府を運営すると宣言した。一方、シーア派内でも、高位法学者アリー・シスターニーを指導者とする主流派や、ムハンマド・バーキル・ハキーム率いるイラク・イスラム革命最高評議会などの親米的な穏健派と対立を深めた。

また、サドルは暫定当局により2003年に親米穏健派のシーア派指導者であったアブドゥル=マジード・ホーイー英語版が暗殺された事件の容疑者とみなされており、逮捕状が出ている。ムハンマド・バーキル・ハキームなど、その他の有力なシーア派指導者が殺害された事件についても関与を疑われるともいう。[要出典]

関連項目[編集]