アマル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アマル(アラビア語:أفواج المقاومة اللبنانية‎)は、レバノンの政党民兵組織。党の正式名称はレバノン・レジスタンスの派遣Afwâj al-Muqâwmat al-Lubnâniyya)で、各単語のアラビア文字の頭文字を取ってアマル(Amal、アラビア語で「希望」の意)と通称される。

1975年春にレバノンのシーア派指導者(イマーム)、ムーサー・アッ=サドル英語版が率いる「シーア派イスラーム評議会」(HSIC)の軍事部門として結成された。イスラーム教シーア派(十二イマーム派)の住民が支持母体である。

結成当初はシーア派イスラーム主義者が多く存在していたが、ムーサー・サドルがリビアで失踪すると、1980年に弁護士アメリカ市民権も持つ世俗派のナビーフ・ビッリーが代表に就任、その後は世俗路線を明確にしていった。排除されたイスラーム主義過激派は、イスラーム革命を掲げるイランの支援を得て「イスラーミーヤ・アマル」と呼ばれる反主流派を形成したが、80年代初頭にヒズボッラーが結成されて発展的解消となった。

内戦中はシリアベイルートに拠点を置いていたファタハから軍事支援を得て、カターイブやレバノン軍団などのキリスト教民兵組織やイスラエル国防軍との武装闘争を行った。親シリアの姿勢が明確であり、時としてキャンプ戦争(シリアとPLOの軍事衝突の一つ)のようにシリアの傭兵として行動をとることもあった。世俗路線をとることから、原理主義を嫌悪するシーア派住民に支持されているとされ、ヒズボッラーと勢力を二分する。内戦終結後に武装解除され、政党化されたが、現在も限定的に重火器を保有すると考えられている。

現在は、議会内の親シリア派勢力をヒズボッラーと共に率いている。

アマル政治局議長のナビーフ・ビッリーはレバノン国民会議(国会)の議長である。