服部平次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
服部 平次
名探偵コナン』のキャラクター
作者 青山剛昌
松坂桃李
堀川りょう
詳細情報
愛称 平次
西の名探偵
別名 高校生探偵
性別 男性
職業 高校生
親戚 服部平蔵
服部静華
国籍 日本の旗 日本

服部 平次(はっとり へいじ)は、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画作品、およびそれを原作とするテレビアニメなどのメディアミックス名探偵コナン』の作品に登場する架空の人物。

アニメでの声優堀川りょうが担当する。ドラマでの俳優は松坂桃李が担当。

概要[編集]

大阪の高校生探偵。私立改方学園高等部2年に在籍。推理力では同い年の工藤新一(江戸川コナン)に引けを取らず、「西の高校生探偵」「西の服部、東の工藤」と並び称されるほど。ドラマ版では、和葉が「東の工藤、西の服部」と言うと「順番がちゃうわ!」と訂正を入れるほどのこだわりを見せた。

大阪弁[1]で喋る生粋の関西人であり、新一以上の熱血漢。色黒の肌は、本人曰く祖父譲りとのこと。父親は大阪府警本部長服部平蔵[2]。母親は服部静華遠山和葉とは幼馴染で、初恋の相手。大阪府寝屋川市在住[3]。一人称は新一同様「オレ」。口癖は「ボケ」。

服部平次が関わった原作の事件は、「名探偵コナンの事件#服部平次・遠山和葉が関わった事件」参照

人物[編集]

服部平次のライバルである工藤新一

世間で自分と比較されている工藤新一と対決するために、毛利探偵事務所に乗り込んだのが初登場[4]。その時、たまたま毛利小五郎が引き受けた依頼先で起こった殺人事件のトリックの推理を披露した。しかしその推理は巧妙に仕掛けられた犯人のミスリードだった上に、風邪薬として飲まされた白乾児(パイカル)[5]で一時的に元の体に戻った新一に正しい推理をされて敗北した形となった。推理勝負にこだわっていたため自分の負けを認めたが、新一の「真実は一つしかないのだから、推理に勝敗や優劣・上下関係は存在しない」という言葉によってその場は考えを改めた。ただし「どちらが早く謎を解くか」という推理勝負自体はいまだに好きな様子(コナン(新一)も前述の様な持論を意図的に破ることがある)。

それ以降も新一のことをライバル視していたが、『ホームズフリーク殺人事件』の推理披露の為にコナンに時計型麻酔銃を撃たれ、その推理の途中で小五郎に殴られたショックで目を覚まし、その口調と論理の組み立て方から、江戸川コナンの正体が工藤新一であることに気づき、彼の事情を知ってからはコナンの良き協力者の1人となる。プライベートで東京を訪れる際は毛利探偵事務所に泊めてもらったり、偶然2人で同じ事件に遭遇した時は「探偵は探偵を呼ぶ」と言ってコナンとの再会に上機嫌になったりと、ライバルというよりは親友同士のノリで理解しあっており[6]、コナンと共同で捜査や推理をし、事件を解決に導くようになる。コナンが「工藤新一」として接することができる数少ない人物であり、コナンも平次の事を頼もしく思っている。コナンに影響されて「犯人を絶対自殺させない」と考えるようになる。新一とは、中学校のスキー旅行の時に起きた事件の推理を巡ってすでに対決していたのだが、平次はそのことに気付いていない(コナン(新一)は平次からの電話で自分が平次と対決していたことに気づいた)。

コナン(新一)以上に勝ち負けにこだわる負けず嫌いな性格で[7]、推理勝負となると、勝ちを急ぐあまり冷静さを失ってしまうことが多々ある[8]。父親から殴られて「捜査妨害」として戒められても諦めなかったり[9]カンパニー(CIA)と関係がある事件であることが分かっても、コナンと同じく興味本位でのめり込む。コナンに花を持たせる義理堅いところもあるが、多くはコナンが手柄を立てると「ええトコ取り」と気にする。短気で喧嘩っ早く、気に障ることをした人間にすぐ怒鳴ったり絡むため、白馬探からは「探偵としては血の気が多く先走りしがちで野蛮」と批判されたが、現場保存よりまだ生きているかもしれない人の命を大事にする熱血漢である[10]

コナン(新一)と共通する言動も多い(小さいことでも根に持ち仕返しをする。和葉に危害を加え、罪悪感を持っていなかった犯人に激昂し、残酷な真実を告発する。私情に駆られて真実を否定しかける。事件があまりに簡単に解決したショックで上の空になる。和葉のことが気になり考えに集中できなかったあげく、早合点の推理で周囲に迷惑をかけるなど)。

探偵として仕事をする際には報酬を受け取らない主義を徹底しており、「二十年目の殺意 シンフォニー号連続殺人事件」や「鳥取クモ屋敷の怪」では受け取った依頼料を返すためにわざわざ東京や鳥取まで訪れた。

なお、平次自身はコナン(新一)の協力者(親友)として、阿笠博士灰原哀と共に黒の組織殲滅のために戦う意志を見せているが、2014年現在、まだ組織と直接接触するまでに至っていない(直接には、新一に変装した時に仮装した組織のメンバー・ウォッカにその姿を見られているのみで[11]ベルモットも平次がコナンの協力者だと知りながら殊更には言及していない[12])。

高校では剣道部に所属しており、その剣の腕前はかなりの物(両親も共に剣の達人)。日本刀で襲い掛かってきた犯人をその鞘で打ち倒したエピソードがある[13]。京都泉心高校剣道部に「沖田」という名のライバルがいる[14]法医学民法の知識に富んでいる。また、水泳英語も得意な様子。特に英語に関しては、ジョディの正体を怪しんでコナンと一緒に彼女の自宅を訪れた際、彼女とネイティブ並みの英会話を交わしている[15]自動二輪免許を持っており、作中何度かバイクを利用している。新一と同じく料理はめっきり駄目らしい。コナン・ドイルの作品であるシャーロック・ホームズフリークであるコナンに対し、平次はエラリー・クイーンの推理小説を好んでいる[16]

幼馴染の遠山和葉との仲は、新一との関係と同じく両想いであるが、自分の彼女に対する感情が恋愛感情なのかはまだ理解していない様子[17][18]。しかし、心の底では和葉を意識しているようで、和葉がコナンや他の男と仲良くしたりすると嫉妬の炎を燃やしてしまい、推理に集中出来無くなってしまう[19]。また、和葉がガラの悪い男たちに拉致された(ように見えた)際には「俺の和葉に何さらしとんじゃ!」と激高し掴みかかっている。和葉が登場以降は基本的に彼女と共に登場しているが、ごく稀に1人で登場することもある。ポーカーフェイスでボケてしまうので、コナンや蘭をやきもきさせることが多い。

コナンが新一である事実を知っている一部の関係者以外の前では、やはり真相が露見しないように気をつけてはいるが、ほぼ毎回コナンのことを「工藤」と呼んでしまい、周りの人間(特に蘭)から疑いの目を向けられてしまう。そのたびにコナンを冷や冷やさせているが、大阪人らしくボケで誤魔化している[20]。また、蘭がコナンの正体が新一であることに気づいた際、疑いを晴らすため新一に変装して蘭の前に現れたが、結果は失敗に終わる[21]。しかし、蘭の心情(蘭はコナンが新一ではないかと半ば疑っている)を察しているところもあり、コナンが実は新一であることを直に話してくれるのを、蘭が秘かに待っているのではないかと考えている。蘭にだけは全て話した方が良いとコナンに勧める発言も時折見せる(その方がコナン=新一と蘭の双方に良いとの配慮から)。

服装[編集]

制服は学ラン。愛用の帽子には、シカゴ・ホワイトソックスをもじった「SAX」のロゴマークが入っている。和葉曰く「帽子のツバを正面に向けてる時は平次の推理スイッチオンで、後ろに戻した時がスイッチオフ」。

補足[編集]

  • 名前の由来は、ドラマ『探偵物語』の服部刑事と時代劇『銭形平次捕物控』の銭形平次から。
  • 周囲からの呼称は、コナン(新一)が「服部」(周囲に他の人間がいるときは「平次兄ちゃん」[22])、蘭・阿笠博士目暮警部高木刑事が「服部くん」、灰原哀が「大阪の~(お友達・少年探偵・探偵くんなど)」、小五郎が「平次」・「大阪の色黒ボウズ」など、和葉・平蔵・静華が「平次」、大滝警部が「平ちゃん」。
  • 平次はコナンを「ボウズ」・「ガキ」、蘭を「~姉ちゃん」、小五郎を「おっちゃん(おっさん)」、阿笠博士を「ジイさん」、灰原を「小っさい(小っこい)姉ちゃん」と名前で呼ばないことが多い。ただし新一に対しては「工藤」と呼んでいる。また、ゲームのみ元太のことを「元太」と名前で呼んでいた。
  • 東京から離れている大阪在住だが、準レギュラー扱いで、原作では出番が多い[23]が、大阪で事件に遭遇することは稀。コナンが新一と分かって以降、頻繁に事件を持ち込んで東京に訪問するようになった。また毛利探偵事務所に幾度か宿泊したり、食事をすることもある。
  • 映画には第3作で初登場し、以降、第7作・第10作・第13作・第14作・第17作に登場している。なお、初登場時から遠山和葉とペアで出演している。第7作『迷宮の十字路』と第10作『探偵たちの鎮魂歌』ではコナンと共にメインを張った。第13作『漆黒の追跡者』・第14作『天空の難破船』・第17作『絶海の探偵』では、コナンたちとは別に事件を捜査するサポート役となっているが、第14作と第17作では共犯者を追い詰めている。
  • 黄昏の館に名探偵が招待される中で、平次は母・静華から中間テストが近い理由で断られており、平次の両親は探偵業よりも学業を優先させていることが分かる。これは定期テスト前まで沖野ヨーコのコンサートや中華街へ行く蘭とそれを許す父・小五郎とは正反対である。
  • 担当声優の堀川りょうは、同じ青山剛昌原作の『YAIBA』で鉄刃のライバル・鬼丸猛を演じているなど、コナン・刃役の高山みなみとの共演が多い。どちらも、二人の演じている役柄が共通しており、主人公(コナン・刃)とそのライバル(平次・鬼丸)という関係である。OVA『コナンvsキッドvsヤイバ 宝刀争奪大決戦!』では、平次(コナンが峰家の奇妙な薬を飲んで変身してしまっている)と鬼丸が共に登場している。また、服部平次の声を演じる1年前にアニメでゲストキャラクターを演じている(「バレンタイン殺人事件」)。
  • 怪盗キッドとは映画とOVAで4回も接触しているが、原作での関わりは一度もない[24]。アニメ版「怪盗キッドの瞬間移動魔術」では、大阪でテレビ中継を見るシーンが加えられた。
  • 平次は作中で2回、新一に変装している。1回目は、蘭がコナンの正体が新一であることに気づいた際、疑いを晴らすため新一に変装して蘭の前に現れたが、前述の通り結果は失敗に終わる。2回目はハロウィンの仮装パーティの際に、コナンからの携帯メールで新一に変装するように頼まれ実行した。このときは新一の母・有希子による特殊メイクで顔まで本人に似せた上で、声は別地点にいるコナンが平次のネクタイに仕込んだスピーカーからマイク越しに出していた。変装を解いた際にはこれらの仕組みを明かさなかったため、平次が一人でやったと思った周囲はその出来に驚いた。
  • 警察上層部であるため標準語に近い敬語を話す平蔵と、関西人と思われないためにコナンたちに標準語の敬語で話した静華と違い、平次は初対面の人や年上に対しても敬語を使わず、タメ口の大阪弁で話すことが多い。
  • 東京式アクセントが苦手で、OVA『消えたダイヤを追え!コナン・平次VSキッド!』では東京式アクセントの共通語を練習していた。また、東京(東日本)の言葉にもあまり詳しくないようで、塩味を「しょっぱい」、果物を「水菓子」と表現することを知らなかった。
  • 『コナン&金田一』のキャラクター紹介で、主人公のライバルの項目に「コナンのライバル」として平次が掲載された。同じページに紹介された『金田一少年の事件簿』の主人公・金田一一のライバルである明智警視も初登場時に彼に推理勝負で敗れ、それ以降、主人公の理解者になるという点で平次と似た境遇である(どちらも真犯人の仕掛けた偽りの犯人を犯人だと思い勝利したと勘違いしたところも同じである)。
  • 米国版での名前はHarley Hartwell(ハーレー・ハートウェル)。
  • 第1回キャラクター人気投票での順位は5位(222票)。TV&劇場版15周年記念のキャラクター人気投票では3位、2012年連載800回記念キャラクター人気投票では5位だった。

脚注[編集]

  1. ^ 小学館の特集本『コナンドリル(ISBN 9784091794024)』で、「関西弁」ではなく「大阪弁」と明記されている。ただ、便宜上作中では関西弁と表記されることもある。
  2. ^ 自ら西の高校生探偵であることを名乗ることとは対照的に、父親のことを公言することを嫌っており、大阪以外で自ら父親の影響力を使ったのは小説版「京都新撰組殺人事件」のみで、地元警察(京都府警)に事件の捜査から外されそうになったため、止むをえず父親の力を使っている(ドラマ版(単発第4弾)では爆発による怪我で入院したため、地元警察とは接触していない)。また、連続ドラマ版では、和葉がそれで地元警察(警視庁米花署)を黙らせており、平次本人は最初は嫌がっていたが、最終的にはそれに乗った(小説版では目暮が平蔵から平次に協力して欲しいと頼み込まれたことを匂わせる発言をしている)。その代わり、大阪では大滝警部から捜査情報を入手したり、大阪府警の刑事やパトカーを私用で使うなど、かなり好き勝手やっている(父親である平蔵は黙認しており、それを逆に利用したこともある)。
  3. ^ 単行本31巻および32巻より。
  4. ^ 連続ドラマ版では、剣道の試合で和葉と東京に来た際に、偶然遭遇した新一と蘭と共に事件に巻き込まれ、東西探偵の競演でこれを解決している。そのとき、新一は平次の実力を見るために、自分の名前は「土伊流(ドイル)」で普通の高校生を名乗ったが、彼が披露した推理力から平次はその正体に気づいた(ただし、そのことは自分の胸に秘め、問い詰めることはしなかった)。単発第4弾でも呼び名は「ドイル」のままである。
  5. ^ この白乾児は、大阪から平次自身が持ってきたもの。
  6. ^ 後述の様に推理の勝ち負けにさほどこだわらないコナンにとって「ライバル」と言えば同じ探偵の平次よりも、怪盗キッドの方である。ちなみに服部はコナンを大親友と述べている。
  7. ^ 「シンフォニー号」の事件では、意見が割れたことでコナンに推理勝負を提案。単独捜査に走ったことが災いして、犯人に海へ突き落とされてしまった。参加した剣道大会で事件に巻き込まれた際には、やがて来るコナンを意識し、彼が到着する前に事件を解こうとして犯人と大立ち回りになってしまう。たまにコナンと電話で最近解決した事件の件数を比べたりもしている。和葉の為にわざと推理対決に負けようとしたが、勢いに乗ってそのまま解決してしまったこともある。
  8. ^ 世良に焚きつけられて新一(コナン)と強引に推理勝負に持ち込んだ際には、あと一歩の所で犯人が特定出来なかったことで、容疑者3人に対し強引に自供させようとして、和葉に止められている。
  9. ^ ただしこれは平次の性格を熟知していた父親が、彼を焚きつけてちゃっかり利用するためのものだった。
  10. ^ このとき、犯人からは「生存の可能性を否定されるまで、命を優先するのが探偵としての在り方」とその行動を肯定されている。
  11. ^ ウォッカは直後にジンに報告しているため、ジンも平次の存在は認識している。
  12. ^ 灰原=宮野志保を組織時代のコードネーム「シェリー」、コナン=新一を独自に「クールガイ」、同じく蘭を「エンジェル」と呼んでいるが、平次には特に呼称をつけてない。
  13. ^ 大学生の間では、「大阪府警の人間を一人で全員倒した」という噂が広まっていたほど。また、このとき相手の降り下ろした刀(振り下ろした勢いで跳箱に食い込み、抜けなくなってしまった)の上に乗るという超技も披露している。
  14. ^ YAIBA』の登場人物・六代目沖田総司がモデルと思われる。
  15. ^ これは、担当声優の堀川りょうの相当な語学力にもよるという見方もある。現に、堀川は実用英語検定準一級を所持している。
  16. ^ 工藤新一が来ることを予期して参加したホームズフリークの大会ではうっかりそのことを喋ってしまい、周りのシャーロキアンに敵意のこもった視線を向けられた。
  17. ^ 和葉のことを「和葉」と名前で呼ぶが、蘭や園子など、和葉以外の女性のことは「ねえちゃん」としか呼んでいないことから一途なようである。しかし、コナン(新一)や事件のことになると存在を忘れてしまうなど、優先順位が若干低い。また、素直になれないためか、「子分」呼ばわりしたり、単なる付き添いであることを強調したりすることが多い。
  18. ^ 和葉が関わらない他人の恋愛事情に関しては、「命がけの復活」でコナンが新一であることに気付きながらもそれに追求しない蘭の真意を見抜くなど鈍くはない。
  19. ^ 本人は、そのことを気にしているが、何故「彼女の傍に男が居るとイライラするのか」は理解出来ず、コナンに「ガキだな」と言われて逆上してしまった。最終的には答えを導き出したが、その内容は平次が推理をする際とは裏腹のトンチンカンな結論だった。
  20. ^ 「目をつけるところが工藤にそっくり」と言う等、最近は誤魔化し方が雑になっている。
  21. ^ 平次自身は完璧な変装をしたつもりで「和葉が居なければバレなかった」と思い込んでいたが、外見が中途半端(髪型を変え、顔にファンデーションを塗っただけ)で、口調が大阪弁のままだったため蘭にはあっさり見破られた。発覚後は、コナンに「こうなったら腹くくって、全部話してもうた方がええ」と、真相を蘭には明かすことを薦めていた(ただし、コナンは解毒剤で一時的に新一に戻っており、このとき話しかけたコナンはアリバイ作りのため変装していた灰原だった)。
  22. ^ 1度だけ和葉の前で「服部」と叫んでしまったが、それを側で聞いていた和葉に「平次のこと服部って呼び捨てにしたやろ?」と窘められた(劇場版『迷宮の十字路』より)。また、1度だけ平次に計画を潰されて「色黒男」と怒りを込めて呼んだことがある。(「どっちの推理ショー」より)
  23. ^ アニメでは平次・和葉が登場する話はスペシャル(スペシャル1回で1話扱い)になる場合が多く、アニメオリジナルの話は「こうのとりミステリーツアー」にしか登場したことが無いため、全体からすると出番は少ない。ただし、映画、OVA、ゲームでは登場することが多く、些細な事件でも東京に駆けつける様子が見られる。
  24. ^ ただし、服部平次は『まじっく快斗』のキャラクターの白馬探との面識はある。中森警部との面識も映画とOVAのみである。

関連項目[編集]