フロージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フロージ[1]Fróði古ノルド語Fróðrから。もしくは 古英語Froda)は、数多くの、伝説的なデンマークの王の名である。

彼の名前は、『ベーオウルフ』、スノッリ・ストゥルルソンの『散文のエッダ』および『ユングリング家のサガ』、サクソ・グラマティクスの『デンマーク人の事績』、そして『古エッダ』の詩『グロッティの歌』などのさまざまなテキストの中にみられる。

日本語表記ではフロジ[2]フロディ[3]フロデ[4]などがみられる。

フリズレイヴの子として[編集]

『グロッティの歌』に登場するフロージは、フリズレイヴ(Fridleif)[5]の息子であると言われている[6]。『ユングリング家のサガ』第11章によれば、彼が所有する蜜酒の樽の中に、親しくしていたスウェーデンフィヨルニル王が転落し、溺死している[7]スノッリ・ストゥルルソンは『散文のエッダ』第二部『詩語法』においてこのフロージが皇帝アウグストゥスと同時代の人でありキリストがこの頃誕生したと記した上で、フロージの支配のもとでの平和(フロージの平和)について解説している。アイスランド語のこの文献は、このフロージを非常に早い時期のデンマークの王だとしているが、『デンマーク人の事績』(5巻目)においてサクソは、フロージをその統治者の血統の中では遅い時期の人だ説明している。しかしサクソも、アウグストゥスと年代的には同時期であることを考慮し、キリスト誕生にも言及している。

ダンの子として[編集]

フロージは、『ユングリング家のサガ』第25章[8]と『デンマーク人の事績』によれば、ハルフダン(Halfdan)の父であった。『ユングリング家のサガ』では父はダン王とし、フロージが〈高慢の〉または〈温和の〉と呼ばれていたことを伝えている[8]。彼は5世紀6世紀ごろに生きていたであろう。後に『ユングリング家のサガ』第26章においてスウェーデンの王エギルが奴隷のトゥンニ(またはチュンニ)を倒すのを助けた〈勇敢なフロージ〉[9]と同じ王と考える人もいる。エギルはデンマークへの貢納はしなかったが半年ごとに贈り物をしていた。しかし続く第27章では彼の息子オーッタル(またはオッタル。(Ohthere))はフロージと不仲であり貢納を断ったことから、デンマークとスウェーデンの間に争いが起こった[10]

インギャルドの父として[編集]

インギャルド(Ingjald)の父フロージ(Fróði)は、『ベオウルフ』においては、インゲルド(Ingeld)の父でヘアドバルゾ(ヘアゾベアルド、ハドバルドなど)(Heathobards)族の王、フローダ(フロダ、フロデ)(Froda)となる。ヘアドバルゾ族の存在は古代北欧語のテキストでは無視された。

『デンマーク人の事績』におけるフロージ[編集]

『デンマーク人の事績』は、6人のフロージ(Frothos)について伝えている[11]

現代におけるフロージ[編集]

Fróðiの表記は、アイスランド語フェロー語では今も使われており、そしてFrothoFrodoとラテン語化されて現れる。この名前の表記は、J・R・R・トールキンによる『指輪物語』の主要登場人物(フロド)の名で使用されている。他の英語化された表記にはFrodeFródiFróthiFrodhiがある。デンマーク語ノルウェー語スウェーデン語での表記はFrodeである。名前の意味は「利口、博識、賢明」といったものである。[2]

スカンディナヴィアにいる、Frode の名前を持つ人の数は、ノルウェーにおよそ11,500名、デンマークにおよそ5,700名、スウェーデンにおよそ278名である(Statistics Swedenによる。2006年末現在)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』213-215頁、『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (一)』53頁等にみられる表記。
  2. ^ 「アドルフ・ノレーン編フヴィンのショーゾールヴル作『ユングリンガ・タル、あるいはイングリング列王詩』(前編)」( 伊藤盡、『杏林大学外国語学部紀要』第17号)202頁にみられる表記。
  3. ^ 『北欧の神話 神々と巨人のたたかい』(山室静筑摩書房、1982年)111-113頁にみられる表記。
  4. ^ 『北欧神話と伝説』(グレンベック、山室静訳、新潮社)202-204頁にみられる表記。
  5. ^ スキョルド(Skjöld)の息子。
  6. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』213頁。
  7. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (一)』53頁。
  8. ^ a b 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (一)』79頁。
  9. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (一)』82-84頁。
  10. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (一)』86-89頁。
  11. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』215頁。

関連項目[編集]

参考文献[編集]